« 2009年・環黄海旅行記(20)仁川・中華街の横に日本の街並みを見る | Main | 2009年・環黄海旅行記(22)韓国放送通信大学校 »

2009年10月28日星期三

2009年・環黄海旅行記(21)DMZ・都羅山駅へ鉄道の旅

 韓国滞在二日目。特に予めツアーに申し込んでいた訳ではなく何をしようかと考えたが、韓国と北朝鮮の軍事境界線地域、所謂DMZまで列車で行けるようになったとのことなので、ソウル駅から列車に乗ってDMZを目指すことにした。
P1010530  境界線の駅である都羅山駅へ行くには、ソウル駅から京義線の電車に乗って汶山(1文字目はさんずいに文)駅へ行き、そこでディーゼル列車に乗り換えて行くことになる。もともと京義線はその名が表すようにソウルから北側の新義州を結ぶ路線だったのだが、南北分断で京義線も分断されてしまい、韓国側の京義線は長らくソウルと汶山を結ぶ近郊路線であった。近年南北の合意で再び京義線が南北間で結ばれ、直通列車を走らせることも可能になり2007年からは境界線を越えて貨物列車が走っていたがそれも1年で中断となった。
 ソウルから乗る京義線は最近電車化され、それに伴いソウル駅の他のホームへの入り口とは離れたところから乗車する。朝8時50分発の電車に乗り、汶山駅まで約1時間の乗車である。
Imgp8321  汶山駅でディーゼルカーに乗り換える。ソウルでは汶山駅までの切符しか買うことができないので、ここで改めて都羅山までの切符を購入する。乗り換え時間が5分しかないので慌しく切符を買って乗車。





Imgp8265  切符は都羅山駅までなのだが、続けて乗ることができるのは2駅隣の臨津江駅までである。10時に汶山駅を出発したディーゼルカーは10時10分に臨津江駅に到着。
 ここで下車し、隣の都羅山駅からDMZツアーに参加する人はそのチケットを買うことになる。あまりいないのだろうが都羅山駅までの単純往復の人は別途手続きをする。
 いずれを選んでも、都羅山駅へは1時間後に再びやってくるディーゼルカーに乗って行くことになる。
 ホームは柵で区切られており、汶山から来た人は柵の向こうで下車し、1時間後に柵の手前から再び乗車する。
P1010513  DMZツアーのチケット売り場。ツアーに参加したい人はここでチケットを買う。17,000ウォンであった。








Imgp8284  駅前の通りの先には臨津閣公園がある。ソウルからDMZツアーに参加すると途中でこの公園に立ち寄る。歩いて行けそうだったが、下手に駅を離れるのも拙そうなので今回は行かなかった。





Imgp8286  駅前に広がる水田。稲を用いて文字が描かれている。横書きで上段は臨津江が属する地名である「パジュ(坡州)」だとはわかったが…






Imgp8313Imgp8267  臨津江駅の駅舎。ここから都羅山駅に向かう際に、帰りの切符を持っていることが求められるようでそのことを駅にいる兵士に聞かれた。帰りの切符は都羅山からの切符をここで買うことができる。
 ホームには、「ソウルまで52キロ、ピョンヤンまで209キロ」と書かれた案内板が建っている。
Imgp8316  1時間後に再びディーゼルカーがやってきた。乗客を入れ替え、柵の手前まで移動したディーゼルカーに乗って都羅山駅を目指す。






Imgp8328 臨津江=イムジン川を渡り、5分程で都羅山駅へ。
 ホームの先には境界線を越えて北を目指す線路が見えるが、南北直通が中断され今のところ列車がこの先を走ることはない。





Imgp8337  ここでバスに乗ってDMZツアーへ。このルートでDMZを目指すツアーは韓国人も参加することができる。ソウル発のツアーは外国人向けで韓国人は参加できないので、韓国人はこの「都羅山まで鉄道で行く」ことで統制区域内に足を踏み入れ、「都羅山駅からDMZツアーに参加する」ということで境界線付近を見ることになる。
 今回のツアー参加者は少なく、韓国人とドイツ人?のアベックと韓国人女性3人連れ、それに私と近しい年頃と見える韓国人男性とその母親と思しき女性、それと私という顔ぶれであった。


Imgp8333  まずは第3南侵トンネルへ。北側が韓国への侵入ルート確保のために掘ったとかで、1978年に発見されている。
 日本語の音声も聞くことが出来る映像紹介を見た後でトロッコに乗ってトンネルを下り、さらにトンネル内を歩いて発見時のエピソードや当時の偽装の様子の説明を見ることができる。映像ではトンネル発見時の様子や時代背景を述べる一方で、他方トンネルの存在を「南北分断の悲哀」と紹介していたのが印象的であった。16年前に板門店ツアーに参加したときには北批判の強いガイドだったのだが、時代の流れだろうか。

Imgp8334  そんな時代の流れか?敷地内にあった兵士の人形は「ゆるキャラ」系であった。







Imgp8339  続いて都羅展望台へ。ここから望遠鏡で北側の様子を見ることが出来る。北側へカメラを向けることはできず、また北側が見える場所から離れたところでないとカメラを構えてはいけない。
 素気ない施設だが、北に思いを持つ韓国の人は特別な思いでこの地に立ち双眼鏡を覗くのだろう。
 このあと「統一村」なる、統制区域内にある集落にある食堂で食事をして(ツアー料金には含まれない)、都羅山駅に戻ってツアーは終わり。
 韓国語を解さずいちいち旅程や集合時間の確認をする日本人(私)が目に留まったのか、ツアー参加者の韓国人男性とその母親と思しき女性に身振り手振りでいろいろと親切にしていただいた。「写真を撮ってあげようか?」と身振りで示してもらったり、食堂では向かいに座ってキムチなどの小皿をシェアしたりした。カタコトの韓国語でどこに住んでいるか聞いたところ「汶山」との答えが返ってきた。境界線近くに住んで長いこと何かの思いを持っていた母親をDMZツアーに連れてきた息子、ということなのだろうか、詳細はわからないが…
Imgp8362  ツアーから戻り、帰りの列車までは1時間弱あるので駅の周りを散策する。写真は都羅山駅の駅舎。統制区域内なので、生活感は全くない。







Imgp8347  南北ともに統一を目指しつつ異なる政府が存在するという現実を踏まえ、「異なる関税区域」という建前で税関の検査場がある。これも南北の列車運行が中断されている現在は使われることがない。





Imgp8355 Imgp8356  南北を繋ぐ線路も、いまのところ柵で閉じられている。







Imgp8349  踏切を渡った向こうには公園があった。駅や踏切の係員がこの公園を勧めるが、今のところ見るべきものはない。それでもDMZにある公園は韓国人にとって意義があり、それゆえに係員も勧めるのだろうか。





Imgp8366 Imgp8370  都羅山駅の駅舎の中には、朝鮮戦争時に砲弾を受けた蒸気機関車の絵が飾られている。朝鮮戦争の象徴ともいえるこの機関車は今は先述の臨津閣公園にあり、車窓からもその姿を見ることができる。
 他方、右写真は南北直通列車の運行を期待した絵である。

Imgp8377 Imgp8378  駅のホームから見た駅舎。「Transit office」の名に、境界線の最前線という位置づけを見ることができる。
 臨津江駅と同様に、ソウルまでの距離とピョンヤンまでの距離が案内板に書かれている。

Imgp8375  再び途絶えてしまった京義線の直通であるが、都羅山駅の隣は開城(ケソン)となっている。







Imgp8374 Imgp8380  都羅山駅からのDMZツアーは北を望む展望台での滞在時間も短く、他のみどころは南侵トンネルくらいなのでツアー自体には魅力が少ないといえる。ツアーの料金が安いことくらいがメリットだろうか。帰りもそのまま帰ると汶山からソウルを目指す路線で途中駅止まりになりそこでまた待たされて結局略1日がかりになるので、ソウルから板門店ツアーなりに参加したほうが見応えはあるかもしれないし効率的かもしれない。
 それでも、自分で切符を買って交通機関を乗り継いで境界線へ、DMZへ行くということにおいてこのルートは意義深いものだといえる。用意されたツアーではなく(都羅山駅から先はツアーに頼らざるを得ないのだが)、普通に交通機関を利用してDMZへ行くことで違った感慨を持つのではないだろうか。韓国人がDMZへ足を踏み入れるための経路としても、この京義線経由のルートは意味があるものと言えよう。

**********
 私が訪れた2009年9月現在、この都羅山からのDMZツアーは1日3回催行されるようだ。臨津江駅が11時10分・12時10分・14時10分発とかでその1時間前に臨津江駅に到着する列車に乗り、臨津江駅で乗り換えてツアーに参加ということになる。その3回のチャンスは、時刻表なりパンフレットで調べると下記のようになるだろうか。

・ソウル駅発08:50→汶山で乗り換え10:00発→臨津江着10:10で1時間後の列車を待ち11:10に同駅を出発
・ソウル駅発09:50→汶山で乗り換え11:00発→臨津江着11:10で1時間後の列車を待ち12:10に同駅を出発
・ソウル駅発11:50→汶山で乗り換え13:00発→臨津江着13:10で1時間後の列車を待ち14:10に同駅を出発

 出発時間によって見ることができる場所も違うようで、最新の情報はソウルの韓国観光公社に電話するなり訪れるなりして調べるのが良いと思う(日本語O.K.、私も電話してソウルを何時に出ればよいか教えていただいた)。韓国観光公社の案内電話番号は、今いる場所の案内が欲しければ「1330」をダイヤルすればよく、他の地域の場合は市外局番+1330、日本など海外からは国際電話識別番号+韓国国番号               82+市外局番から0を除いた数字+1330である。

|

« 2009年・環黄海旅行記(20)仁川・中華街の横に日本の街並みを見る | Main | 2009年・環黄海旅行記(22)韓国放送通信大学校 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/46603063

Listed below are links to weblogs that reference 2009年・環黄海旅行記(21)DMZ・都羅山駅へ鉄道の旅:

« 2009年・環黄海旅行記(20)仁川・中華街の横に日本の街並みを見る | Main | 2009年・環黄海旅行記(22)韓国放送通信大学校 »