« ソウル・仁寺洞で餃子 | Main | 中国インディペンデント映画祭2009 »

2009年11月26日星期四

GPSと中国の地図

P1010756 海外旅行に出る時は、日本で使っている携帯電話に加えて海外で使用できる(旅行先で売られている通話やデータ通信が出来るSIMカードを買い、そのSIMカードを挿して使える)携帯電話を持って行くことにしている。現在使っているのはNOKIAのE51という携帯電話なのだが、この携帯電話はいろいろなアプリケーションをインストールして使うことが出来る。その中の1つ、世界中の地図を表示できるGoogle Mapsを使い、携帯電話とGPS(写真右下)を連動させると現在位置を地図上で表示させることが出来る。


Screenshot00341  9月に旅行した煙台でGPSを作動させたときのスクリーンショット(携帯電話の画面)。朝陽街を歩き、北馬路との交差点を曲がって張裕酒文化博物館へ行こうとしているところである。
 道路も結構詳細に表示され、目印となる建物もそこそこに表示されるので、道に詳しくない街を歩くのにも結構使える。
 携帯電話そのものは第3世代(3G)に対応しているも中国移動のプリペイドSIMカードは第2世代のGSM/GPRSなのだが、地図の表示がストレスを感じるほど遅いということはなく、「どっちに曲がったらよいか」など道を確かめるには十分である。
 通信費については出国時にSIMカードを差し替えたら通信履歴が消えてしまったので正確なところはわからないが、青島~煙台とたまにこうしてGoogle Mapsを使って残高の減り方が滞在中約15元だったので、そうべらぼうに高いものでもないと思う(これは中国移動のSIMカードの話で、これを日本の携帯電話会社のローミングでやると通信費がとても高いので注意)。

P1010754  中国で観光地図を買うと、かつては通りやその名前はきちんと書いてあるが縦横がデフォルメされていて東西南北が不正確なものがよく見受けられた。写真はこの前青島で買った地図でこれは割と正確そうだが、'90年代初めに北京で買った地図は縦横が明らかに不自然になっていて、街歩きには使えるが明らかにデフォルメされた地図であった。おそらく国防上の理由からそうなっているのだろう、と当時同学たちと話したものである。
 そしてやはり学生時代、当時発行された『現代用語の基礎知識』にだったか『知恵蔵』か『イミダス』にだったか忘れたが世界の主要都市の地図が付録についていたことがあり、その中に北京の地図が掲載されていた。デフォルメされた地図を見慣れていただけに、当時「これが正確な地図だったら画期的だな」とやはり同学と話をした記憶がある。
 今やPCや携帯電話で世界中の地図が表示されるようになり、上記のように中国の地図も携帯電話で表示ができるようになった。当時のデフォルメされた派手な色使いの地図を片手に歩いていた頃とは、技術面でもそうであるが正確な地図が見られるという情報が丸見えになっているという面との双方で隔世の趣がある。
Screenshot00621  中国ではないが、こちらはソウル・明洞にてGPSを作動させた際のスクリーンショット。表示がハングルなので、韓国語を解さない私にとっては字を追うのに時間がかかり、これだけでは携帯電話やGPSの機能とは別の意味で「ストレスなく道を探す」のは難しい。それでも、ガイドブックや観光公社で貰った地図と見比べて、「今どこにいるか」を把握するには役に立つ。
(注:使ったSIMカードはプリペイドで国際ローミング可能な香港のものです)









Screenshot00551  やはり韓国にて、都羅山駅からDMZツアーに参加したときのもの。さすがにここでは今でも「国防上の理由」があるからか道路は表示されない。青丸とその説明である黄土色の囲み「40公尺以内的您的位置」との中間にある、梯子のような線路表示の先端である「도라산리」と書かれたあたりが都羅山駅(表示はおそらく「都羅山里」だろうから駅名を書いたものではなさそうだが)。
 ちなみに、ソウルの韓国観光公社で貰ったツアー案内にあった、ソウルから北朝鮮の開城(ケソン)を訪れるツアーには持ち物制限があり、ズームレンズなどに加えてGPSも持ち込み不可と書かれていた。街が丸見えになるのを避けたい、というところが未だにあるのだろう。

|

« ソウル・仁寺洞で餃子 | Main | 中国インディペンデント映画祭2009 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/46869136

Listed below are links to weblogs that reference GPSと中国の地図:

« ソウル・仁寺洞で餃子 | Main | 中国インディペンデント映画祭2009 »