« 2009年・環黄海旅行記(番外編)門司港レトロ観光列車 | Main | サンライズ出雲 »

2009年11月15日星期日

韓国で見た漢字

 1970年代までは固有名詞などを漢字で表していた韓国の新聞も今では殆どハングルによる表記になっているなど、韓国では「母国語を表す文字としての」漢字を見る機会は少なくなっている。9月に韓国を旅行した際に街で見かけた漢字はその少なくなった韓国語の漢字表記のほかに、韓国を訪れる中国人・台湾人や日本人の便宜を図るためのものもあり、漢字を解する者としては助けになった。

Imgp8253Imgp8321 鉄道施設や列車では駅名を漢字で表示している。駅は台湾でも中国でも「站」と書くので、これは韓国に残った漢字表記と言えるだろう。写真左は仁川駅にて、右は都羅山へ行く際に乗ったディーゼルカーにて。

P1010473  やはり駅で見た「賣票所」「乘車場」の表記、ハングルの表記をそのまま韓国語化したものではなさそうだが中国や台湾でのそれとも違い微妙である。







Imgp8255  もっとも仁川駅で見た「歡迎光臨」、さすがにこれは中国からやってくる人を当て込んだ表記であろう。







P1010467  仁川港から乗ったバスの車窓にて。銀行の建物に「환전」と書かれており、その下に「換銭」と書かれている。「환전」、口に出すと「ホワンチョン」であり、中国語の読み「Huan4qian2」に通じるものがある。ここでは漢字表記もあるが、これも中国語を解してハングルが読めると意味が類推できる一例であろう。



P1010496  こちらはソウルの韓国観光公社にて。「観光案内」が日本人向け、「旅游咨询」が中国語話者向けか。








P1010497  ソウルの中心部では、道案内に中国語の表記が付されているところもある。「ソウルファイナンスセンター」が「首尔金融中心」と記されている。
 奥に見える緑色の自動車向け道路案内は、ハングルとアルファベットのみの表示である。

 漢字表記が少なくなっているとは言われているが、もともとの韓国語を漢字表記したものに加えて日本語話者や中国語話者向けの漢字表記がそこそこにあり、日本語を解する者としては街を歩く際の助けになるといえる。

|

« 2009年・環黄海旅行記(番外編)門司港レトロ観光列車 | Main | サンライズ出雲 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/46775244

Listed below are links to weblogs that reference 韓国で見た漢字:

« 2009年・環黄海旅行記(番外編)門司港レトロ観光列車 | Main | サンライズ出雲 »