« ソウル・仁寺洞でたい焼き | Main | GPSと中国の地図 »

2009年11月24日星期二

ソウル・仁寺洞で餃子

P1010710 前回に続いてソウルの食べ物の話。仁寺洞ではメインストリートと交差する細い道がいくつかありそこに食堂が並んでいる。暗くなったので何を食べようかと思いながら歩いていると、店頭で餃子を作って並べている店を見つけた。その餃子であるが、普通に見る餃子に比べてとても大きい。





P1010707  店の中にも餃子が並んでいる。作っている人の姿と比べて大きさが伝わるだろうか。








P1010698  その餃子スープを注文。冷麺を出すときに使う器に餃子が3つ入っていっぱいである。
 韓国で食事をすると「~チゲ」など辛い料理を食することが多いので、こうしたあっさりした料理を食べるのも良いものである。小皿で出てくるキムチやナムル、そしてチャプチェ(春雨の炒め)もおいしかった。これで5,000ウォンなのでお値打ちである。



P1010703  餃子の後ろに写っているのはコーヒースプーンではなく、普通のスプーンである。さすがに1口で食べることはできず、3つに分けて食べるのがちょうど良い感じであった。
 この店「사동면옥」(漢字では「寺同麺屋」)、インターネットで調べるとそこそこ情報があり、KONESTによるこの店の紹介はこちらソウル観光公社のウェブサイトにもこの店の紹介があった。この餃子を使った「餃子鍋」を食べている人も多かったし、チヂミなど他の料理もあるようである。

 「餃子スープ」、メニューには「만두국」と書いてあった。口に出すと「マンドゥトン」となるのだが、「만두」-「マンドゥ」が「饅頭」、「국」-「トン」が「湯」なので、これも日本語と中国語がわかればあぁなるほど、と思える一例であろう(モノは日本の「まんじゅう」や中国の「馒头」とはかなり違うが)。

|

« ソウル・仁寺洞でたい焼き | Main | GPSと中国の地図 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/46852868

Listed below are links to weblogs that reference ソウル・仁寺洞で餃子:

« ソウル・仁寺洞でたい焼き | Main | GPSと中国の地図 »