« 2009年・タイ旅行(12)バンコク~ワット・アルン~ | Main | 2009年・タイ旅行(13)バンコク~ワット・プラケオと王宮~ »

2010年1月15日星期五

Great Firewallに穴は開くか?~中国のインターネット~

 中国でネットサーフィン(死語?)をすると、当局に都合の悪いウェブサイトには接続できなかったりそんなウェブサイトがあると疑わしきサーバーへの接続は一律に遮断されたりと、上海にいた頃は言論統制を身近に感じたものである。さらに、中国でGoogleやYahoo!などの検索サイトで「天安门事件」や「西藏」と検索を掛けても1989年の天安門事件やチベット事情に関するウェブサイトは表示されず、ひどいときには接続が遮断されて暫くインターネットに接続できなかったりもした。
 そんな中国のインターネット事情に叛旗を翻し、Googleがこうした統制に従う「自主検閲」は続けないと表明し、さらには検索結果に天安門事件やダライ・ラマを登場させるようになったとか。CNN.co.jpによる配信記事を2つ下記する。

グーグル、中国から撤退も サイバー攻撃と検閲に反発

ワシントン(CNN) ネット検索大手の米グーグルは12日、中国で何者かが人権活動家の電子メールに不正アクセスしようとした痕跡があると発表し、ネット検閲をこれ以上続けなければならないのであれば、中国サイトの閉鎖や同国からの撤退も辞さないとの姿勢を示した。
グーグルによると、12月半ばに何者かが同社など20社あまりを狙って巧妙なサイバー攻撃を仕掛けた。(中略)
しかし、今回のような攻撃や監視を受けている実態に加え、中国ではこれまでにもウェブ上の言論統制を強める動きがあったとグーグルは説明。中国で運営している検索サイト「Google.cn」で中国政府が問題視するサイトが表示されないなど結果が操作されている実態についても、「検索の検閲をこれ以上続けたくないとの判断に至った」と述べた。
(中略)交渉次第では、Google.cnのサイト閉鎖や同社の中国からの撤退を余儀なくされる可能性もあると言明した。


中国のグーグル検索に「天安門事件」登場、オフィスは厳戒

北京(CNN) 「ネットの検閲はもう続けない」と宣言した米検索大手のグーグルが13日、中国の検索サイト「Google.cn」に天安門事件やダライラマ、法輪功など従来は出て来なかった検索結果を表示するようになった。

これまでは同サイトで「天安門」を検索しても、天安門の写真が出てくるだけだったが、13日以降は1989年の天安門事件について解説したサイトへのリンクが表示されるようになった。ただし部分的に検閲された状態と検閲されていない状態が入れ替わるなど、不安定な表示が続いている。
(中略)
オフィス前にはグーグルのユーザーやファンが集まって言論の自由を守る姿勢に支持を表明。同社には大量の花がひっきりなし届けられており、現地のブログはこれについて、グーグルの中国撤退を見越して哀悼の意を表するものだと伝えている。
(後略)

 後者の記事の続きには、中国市場からの撤退はGoogleにとって痛手となる旨が記されている。
 今(15日の深夜)現在、擬似的に中国のインターネット環境を作って(中国のプロキシを噛ませて)Google.cnで「六四天安门事件」や「西藏」を検索すると、接続が遮断されてその後そのプロキシ経由でのインターネット接続ができなくなる。やはり擬似中国環境でGoogle.co.jpで「天安門」検索すると検索結果がプロキシを噛まさない時とは異なる結果になり天安門の光景の紹介ばかりになり、「他のキーワード」と称して出てきた「天安門事件20周年」をクリックすると接続が遮断される。中国からインターネットに接続するときに通る「great Firewall」での検閲に引っかかってしまうのだろう。
 なお、プロキシを噛まさずに(日本の環境で)Google.cnに簡体字で「天安门事件」と入れると1976年の天安門事件にまつわるウェブサイトが表示される。日本語で「天安門事件」と入れると検閲をかいくぐってかWikipedia中文版の天安門事件「曖昧さ回避のためのページ」が出てくる。
 中華人民共和国成立後、国内の紙媒体やテレビ・ラジオでは一貫して当局の見解に従う報道なり番組なり記事なりしか許容されず、国内に言論統制を強いてきた。インターネットはそうした従来のメディアとは異なり国境をあっという間に越えてしまうものなのだが、そこはファイアーウォールを形成してここまで同様に統制を続けてきた。そして、今世紀に入り中国が経済的地位を高めるとそのことを盾に外国企業にも「中国の検閲」に協力するように迫っていたといえる。
 中国がそうしたインターネット統制を解く時があるとすれば、そうした検閲が浸透して中国の市民が外国のメディアにも動ぜず皆が「中国の論理」を迷わず主張するようになったときだと思っていた。今回のGoogleの対応は、それよりも早くそして中国にとっては言論統制を困難にする方向で「Great Firewall破り」を引き起こすことができるのだろうか。
 いまや先述の経済力向上をバネに多くの中国人が海外に出ている。その海外ではインターネットへの接続は中国よりは自由で、ネット以外の世界も含めて中国当局に都合の良くない情報や言論に当たることもあるだろう。また中国国内でもあれこれ策を弄して「見ている人は見ている」のである。そうした人たちによってではなく「外圧」が中国のFirewallに挑戦する、ということになったが結果はどう出るだろうか。

(かつて書いた関連記事)
  中国、パソコンに検閲ソフト義務付け
 接続できないウェブサイトにつなげよう
 アクセスできないウェブサイト
 書き込み制限
 アクセスできないウェブサイト その後
 Wikipediaに接続できない
 Seesaaブログに接続できない
 インターネットの敵
 続・インターネットの敵
 北京・東莞からはアクセス可能?
 中国からココログへのアクセス制限?
 中国からココログへのアクセス制限?-その後-
 中国西南部-久々に中国のインターネット環境が気になった-  
 Yahoo!JAPANに接続できない?
 インターネット統制の転換?
 中国から見られない動画サイトと、見られない中国の動画サイト

|

« 2009年・タイ旅行(12)バンコク~ワット・アルン~ | Main | 2009年・タイ旅行(13)バンコク~ワット・プラケオと王宮~ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/47305289

Listed below are links to weblogs that reference Great Firewallに穴は開くか?~中国のインターネット~:

« 2009年・タイ旅行(12)バンコク~ワット・アルン~ | Main | 2009年・タイ旅行(13)バンコク~ワット・プラケオと王宮~ »