« 『遥かなる絆』 | Main | 楽天は中国では「楽酷天」に »

2010年5月24日星期一

台湾からの義捐金

 口蹄疫で畜産業が壊滅的な打撃を受けている宮崎県に、台湾の駐日代表機関である台北駐日経済文化代表処が義捐金を贈ったとのことである。ありがたいことです。
 時事ドットコムの配信から、記事はこちら

 口蹄疫で300万円寄付=宮崎県に-台北代表処

 台湾の駐日大使館に相当する台北駐日経済文化代表処(東京)は24日、口蹄(こうてい)疫の被害を受けている宮崎県に対し、義援金300万円を寄付した。日本側が台湾との交流窓口にしている財団法人「交流協会」(東京)を通じて提供。同代表処の馮寄台駐日代表が同日午後、交流協会の東京本部を訪れ、畠中篤理事長に義援金を送った。
 宮崎県は昨年夏の台風で台湾南部に水害が発生した際、見舞金を寄付した。今年1月には宮崎-台北間で定期航空便が就航するなど、相互交流が活発化している。

 「隣国が困ったとき」といったレベルではなく「助けを求めている近くの街や村」に義捐金を贈っていただくところに、台湾の人たちの日本各地に対する「距離感」の近さを感じる。こうしたニュースを見るたびに、台湾の人たちが日本を近くに感じるように私も台湾に関心を持ち続けていたいと思う。
 宮崎の件に話を戻すと、サッカークラブなどスポーツのキャンプ地で縁があるチームからやはり義捐金が贈られたり、相撲でも優勝者に宮崎牛を贈っている縁からかこの夏場所に優勝した白鵬も、義捐金を贈ることを決めている相撲協会とは別に個人で支援する意向を示しているとされている。宮崎にゆかりのある人たちを中心に支援の輪が拡がっている。
 もっとも、本来は「疫病の広がりを未然に食い止めた」というのが目立ってほしかったのだが今それを言っても詮無きことなので、宮崎で畜産業に携わる人たちが元通りの生活を送る日々が早く来ることを願いたい。

|

« 『遥かなる絆』 | Main | 楽天は中国では「楽酷天」に »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/48451146

Listed below are links to weblogs that reference 台湾からの義捐金:

« 『遥かなる絆』 | Main | 楽天は中国では「楽酷天」に »