« 201系 | Main | 書籍『台湾人生』 »

2010年6月28日星期一

サッカーW杯・スタジアムの広告―「百威」―

 サッカーのワールドカップ、いざ始まると結構観ている。日本時間で朝3時キックオフの試合はさすがに観ることは難しいが、夜11時キックオフだとテレビ観戦しやすい、ということもあるだろう。普段は名前だけは聞くがなかなか観ることができない世界各国の一流プレイヤーのプレー、そしてさすが予選を勝ち抜いただけある各国のぶつかり合いを観て楽しんでいる。
 選手がプレーを繰り広げるピッチの周りに、いろいろな協賛企業の広告を見ることができる。スタジアムによって電光掲示板だったり固定式だったりするが、今回はコカ・コーラや「Fly Emirates」と書かれたエミレーツ航空の広告などお馴染みのものに混じって漢字の広告が目に入ってくる。日本企業の広告ではなく、中国企業の広告である。
 青色の「中国・英利」と書かれた広告。何かと思ったが、この「英利集団」、ソーラーパネルのメーカーなのだとか。AFPBP記事で書かれている通り、W杯で一気に名前を世界に知らしめたようだ。
 「哈尔滨啤酒」、こちらは中国各地で見かけるビール会社の宣伝。

 上述の中国企業の宣伝とともに目に入るのは「百威」の文字。Budweiser=バドワイザーはアメリカ企業なのに、何故に漢字表記?しかも南アフリカで…中国の視聴者を意識してのことだろうが、「麦当劳」や「可口可乐」は目にしないだけに、赤色に白い文字の「百威」の文字にはちょっと違和感があった。

【6月28日 AFP】中国のサッカー代表チームはサッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)の本選に出場できなかったが、中国の企業が、VISAやマクドナルド(McDonald's)、コカ・コーラ(Coca-Cola)と並んでピッチ脇の広告で世界の舞台に「出場」を果たした。
 中国のソーラーパネルメーカー、英利集団(Yingli Solar)は、W杯開催前までは中国でもほとんど無名の企業だった。しかし、この2週間で世界中のサッカーファンにその太陽のロゴが知れ渡っただろう。(後略)

|

« 201系 | Main | 書籍『台湾人生』 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/48746992

Listed below are links to weblogs that reference サッカーW杯・スタジアムの広告―「百威」―:

« 201系 | Main | 書籍『台湾人生』 »