« 旅先通信・カナリア諸島編~「海外パケットし放題」を使う~ | Main | 2010東京・中国映画週間 »

2010年10月3日星期日

台湾電影ルネッサンス2010-東京国際映画祭-

 今年の東京国際映画祭では、「台湾電影ルネッサンス2010~美麗新時代」という特集が組まれている。映画祭の「アジアの風」部門での台湾映画の特集、という位置づけのようだ。
 上映される台湾映画は、『モンガに散る』(艋舺) ・『4枚目の似顔絵』 (第四張畫)・『ジュリエット』 (茱麗葉)・『台北カフェ・ストーリー』 (第36個故事)・『ズーム・ハンティング』  (獵豔)・『風に吹かれて~キャメラマン李屏賓(リー・ピンビン)の肖像』 (Let the Wind Carry Me  乘著光影旅行)の6本。
 「美麗新時代」とサブタイトルがついているが、2年前の「台湾シネマコレクション」でも言われていたように一時期の停滞期を脱して新しい魅力的な映画を続々と生み出していることのアピールである。
 ここ何年かは、東京国際映画祭の時期に自由に休みを取ることができず、映画祭で上映される映画を見に行けていない。桂綸鎂が主演の『台北カフェ・ストーリー』を見ようかと思ったが、平日のみの上映であり残念。10月24日の日曜日に『モンガに散る』を上映するようで、裏社会モノでちょっと…という先入観があるが台湾で年間最多動員を記録したとかで、どんなものだろう。

東京国際映画祭ウェブサイト
台湾電影ルネッサンス2010 特設ブログ

|

« 旅先通信・カナリア諸島編~「海外パケットし放題」を使う~ | Main | 2010東京・中国映画週間 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/49640813

Listed below are links to weblogs that reference 台湾電影ルネッサンス2010-東京国際映画祭-:

« 旅先通信・カナリア諸島編~「海外パケットし放題」を使う~ | Main | 2010東京・中国映画週間 »