« 2010年8月・カナリア諸島旅行(22)カナリア諸島に見る「ドイツ」 | Main | 鳥羽商船高専練習船・鳥羽丸 »

2010年10月18日星期一

『世界ふれあい街歩き~寧波』

 NHKで放送している『世界ふれあい街歩き』、BSハイビジョンで寧波編の再放送をやっていた。
 かつて上海に住んでいながら、杭州湾の向かい側の寧波には行ったことがない。当時は寧波に行くには飛行機に乗ればすぐなのだが列車やバスだと一旦杭州方面を経由して行かねばならず、距離の割には「遠い場所」だったと思う。仕事でも縁がなかったこともあり、寧波に足を運ぶことはなかった。今は杭州湾会場大橋で杭州湾を跨ぐことができるので、上海との往来も便利になっている。
 大きな巻き糸で凧揚げをする人、「外灘」と呼ばれる街がありそこが1900年代初頭には栄えていたこと、新しいマンションもありながら古い家での生活を守り続けている人がいること、など、上海に近いところがあるのを感じた。今となっては日本での知名度は上海のそれとは大きく異なるし経済的なつながりも上海ほどではない。寧波と上海ではそこを輸出入の窓口にしている顔触れが違うこともあり日本との関わり方も異なっているのだが、画面に見る寧波の街は一度歩いてみたいものである。
 一つ気になったのは、番組では寧波を「ねいは」と読んでいたこと。日本語読みで中国の地名を呼ぶこと自体は「大連」=「だいれん」や「広州」=「こうしゅう」などごく当たり前なのだが、「上海」を「しゃんはい」と読むが如く私の中では「寧波」は「にんぼー」なのでちょっと違和感があったのと、上海に住んでいた頃に日本語のできる中国の人が寧波の説明をするときに「『ねいは』は…」と言っていたのを思い出した。「日本語では寧波を『ねいは』と読む」のが普通なのでしょうか。

|

« 2010年8月・カナリア諸島旅行(22)カナリア諸島に見る「ドイツ」 | Main | 鳥羽商船高専練習船・鳥羽丸 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/49783115

Listed below are links to weblogs that reference 『世界ふれあい街歩き~寧波』:

« 2010年8月・カナリア諸島旅行(22)カナリア諸島に見る「ドイツ」 | Main | 鳥羽商船高専練習船・鳥羽丸 »