« 名古屋で見た列車など | Main | 『初めて台湾語をパソコンに喋らせた男』 »

2010年11月11日星期四

2010年8月・カナリア諸島旅行(23)「親方ラーメン」

 3ヶ月前のカナリア諸島旅行で書き忘れたことが1つ。

Imgp1006

 ラ・ラグーナのCalle Tabaresだったと思うが、ショーウィンドーに日本食を並べている店があった。中国製もしくは中国向けと思しき缶詰も混じっているが、カルピス・カップヌードル・ゴールデンカレーと日本でおなじみのブランドが並んでいるし、焼海苔・寿司酢や昆布だしなどが店頭に並んでいる。
 かつて日本の漁業基地であったカナリア諸島であるが、観光地であるラ・ラグーナで日本食、しかも食材を見つけるとは意外だった。

Imgp1009

 その中に、「親方ラーメン」と袋に書かれたインスタントラーメンを見つけた。「親方ラーメン」=OYAKATA NOODLES、日本では見かけないので「なんちゃって日本ブランド」かと思ったが…
 調べてみると、味の素のポーランド法人がこのブランドでインスタントラーメンを生産していて、OYAKATA NOODLESのウェブサイトもある。味噌味・カレー味・とんこつ味・しょうゆ味・塩味と一通り揃っているようだ。
 姉妹品?で「OYAKATA SOBA NOODLE」もあるようだ。
 私が通ったときにはシエスタだったのかこの店は閉まっており、旅先ということもあり買って帰って作ってみるということはできなかった。
 私が上海にいた頃は既に日本の食材は容易に入手できたし、日本食の店も数多くあった。この点はヨーロッパ各地でもまだまだ困難が伴うところもあるだろうし、日本食のありがたみもヨーロッパのほうが大きそうだ。今となっては日本人が少ないであろうカナリア諸島では尚更である。当地の人たちにも日本の食材に親しんでもらいたいところではあるが…

|

« 名古屋で見た列車など | Main | 『初めて台湾語をパソコンに喋らせた男』 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/50001875

Listed below are links to weblogs that reference 2010年8月・カナリア諸島旅行(23)「親方ラーメン」:

« 名古屋で見た列車など | Main | 『初めて台湾語をパソコンに喋らせた男』 »