« 羽田空港国際線旅客ターミナル | Main | 鄧麗君@台北花博 »

2010年12月31日星期五

2010・台北国際花卉博覧会(台北花博)

Imgp9474

 昨年の年末に続いて、今年の年末も台湾に行ってきた。今回は台北に滞在し、今年の11月から来年の4月まで開かれている台北国際花卉博覧会を訪れた。






Imgp9473

 捷運圓山駅の近くに入り口がある。捷運の車体も、花博塗装になっているものが一部走っている。






Imgp9507

 入り口のすぐ横、もともとサッカー場だったところは争艶館(美の競艶館)と名づけられている。様々なコンペが開かれる場所であるが、私が訪れた時はコンペは行われておらず、科学技術を使った品種改良の取り組みを紹介していた。
 かつてのスタンドは、花で埋め尽くされている。



Imgp9520

 圓山公園の会場は、ポインセチアなどの花畑になっている。







Imgp9528

 振り返ると、遠くに台北101が見える。








Imgp9479

 この花博会場、台北・松山空港の程近くにあり、松山空港へ着陸する飛行機が結構低いところを飛んでいる。飛んでいる飛行機の中には全日空や日本航空のものもあり、最近飛び始めた羽田から松山空港への便もここを飛んでいる。実は今回は羽田発・松山着のフライトだったのだが、通路側に座っていたこともあり、フライトが花博会場の上を飛んでいることに気がつかなかった。


Imgp9510

 会場には、「西安的院子」「上海庭園」と名前の付いた庭園がある。前者は上海の城壁を、後者は上海の古い庭園をモチーフにした展示である。囲碁をしている姿が植え込みで表現されている。





Imgp9526

 「名人館」。テレサ・テンの一生をテーマにした展示がされている。人気があり、早々と整理券が配布終了になる。







Imgp9530

Imgp9545

 「文化館」。客家建築を模した建物だろうか。植物を使った紙作りと植物から作る「香り」の2つを主要なテーマとして展示していた。




Imgp9549

 道路をくぐり、美術公園エリアへ入る。
 「台北故事館」。花博のための建物ではなく、1913年にできた洋館を2003年からこの名前で一般公開している。今回の花博の会場エリアに含まれたということでそのまま展示場になり、室内に100年前の高層人士の生活空間を再現している。
 ここも人気の展示で、整理券が早々と配布終了になる。

Imgp9557

Imgp9559

 美術公園地区の南側は、参加各国により作られた庭園が並んでいる。左はパラオ(台湾と国交有り)の展示、右は香港の展示。

Imgp9565

 日本の展示は写真のような感じ。何区画か使って日本庭園を見せている。







Imgp9574

Imgp9580

 福建省の様式の建物を花博・新生公園エリアに移築した「花茶殿」。






Imgp9616

 「天使生活館」では、珍しいサボテンの数々を見たり、標高に応じて亜熱帯植物-温帯植物-高山植物と台湾の植生が変わっていく様をそれぞれの環境を模した室内で実際に草木を見ながら感じることができたり、





Imgp9602

Imgp9608

 草木を使ったアクセサリーや大立菊などを見ることもできる。
 花畑や庭園など植物を「見せる」、科学技術を使って植物を「使う」、台湾の植生、そして植物と文化の結びつき等、植物を様々な方面から見ることができる博覧会である。正直外国からわざわざ訪れるとなると微妙な感じではあるが、一日会場内を歩いていて目に飽きないイベントである。

|

« 羽田空港国際線旅客ターミナル | Main | 鄧麗君@台北花博 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/50455637

Listed below are links to weblogs that reference 2010・台北国際花卉博覧会(台北花博):

« 羽田空港国際線旅客ターミナル | Main | 鄧麗君@台北花博 »