« 2010・台北国際花卉博覧会(台北花博) | Main | 台北花博・シャトルバスの日本語表示 »

2011年1月11日星期二

鄧麗君@台北花博

 遅くなりましたが、今年も宜しくお願いいたします。
Imgp9526 間が空いてしまったが、昨年行った台北花博の話の続きを。「名人館」というところでは、鄧麗君=テレサ・テンに関する展示をしており、私が行った日は半日券(午後1時から入場できる)で入場したのだがそのときには既にその日の整理券は配り終えていた。
 それだけ人気がある「名人館」、どんなものだろうと思い翌日も名人館目当てに午前9時の開門の時間に会場に行ったのだが、受け取った整理券は11時45分から入館のものだった。
 前日あらかた見ているので適当に会場内を再訪しながら11時半頃に名人館へ。その時には既にその日の整理券の配布は終わっていた。
 館内ではテレサ・テンが生前に発した言葉を並べた映像や、壁に香港・日本そして世界での活躍ぶりが描かれていて手を触れると次々と紹介が続いていく部屋があったりした。そして別の部屋には生前の写真やゆかりの品々が並んでいて、全日本有線放送大賞のトロフィーも目立つところに展示されていた。日本での活躍や人気ぶりも紹介されている。
 正直これだけなら…と思ったら、最後の部屋ではテレサ・テンの足跡をDVDで放映していて、訪れた多くの人が足を止めてDVDに見入っていた。バラエティも含めて出演したテレビ番組、コンサート、軍隊での慰問活動等、見ていると大歌手でも若い頃にはお笑い系のネタをやっているのを見て微笑ましく思ったり、当たり前だが歌声に改めて感心したりで、放映が終わるとどこからともなく拍手が起こり、彼女が今でも台湾の人たちに親しみを持って迎えられていることがわかる。
 前半の「正直これだけなら…」という展示も台湾の人にとっては私が見る以上に価値を感じるものなのだろう、花博でテレサ・テンに思いを巡らすというのは特別なことでありそれゆえに整理券がすぐなくなる程の人気ということである。

|

« 2010・台北国際花卉博覧会(台北花博) | Main | 台北花博・シャトルバスの日本語表示 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/50562067

Listed below are links to weblogs that reference 鄧麗君@台北花博:

« 2010・台北国際花卉博覧会(台北花博) | Main | 台北花博・シャトルバスの日本語表示 »