« ロサンゼルス・Olvera Street | Main | ロサンゼルス・チャイナタウン »

2011年2月7日星期一

ロサンゼルス・タイタウンとリトル・アルメニア

 ロサンゼルスでハリウッドと言えば映画をすぐに思い浮かべるが、Hollywood Western駅界隈にはタイタウンとリトル・アルメニアと呼ばれているエリアがある。

20101205381

20101205382

 タイタウン。タイ料理店や対物産店が軒を連ねている。タイ物産を並べているスーパーマーケットに入ってみたが、乾物のみならず食事や生活に必要なものが大規模に並んでいる。さらにタイから取り寄せた食材や飲料などもあり、タイにいるかのように暮らすおkとができそうな雰囲気である。

20101205386

20101205387

 通りを1つ隔てると、リトル・アルメニアになる。車道に面している店を見ると「ARMENIA」の文字を冠した看板やパン屋を見ることができるが、近くにあるタイタウンの影響でアルメニアらしさは薄くなっているように見える。

20101205384

 が、路地を入るとアルメニア系の人達が集っているであろう教会を見ることができる。円い屋根と金色の背景に聖人を描いた壁面が、その雰囲気である。






20101205385

20101205390

 路地にある家に掲げられている紋章や、庭に並ぶ人形に、
 放送大学のテキストでもある『国際政治―新しい世界像を求めて』(高橋和夫編著、放送大学教育振興会、2000年)で、テニスのアンドレ・アガシがアルメニア系であると紹介されていた。同じ書籍の中ではトルコに住むアルメニア人がオスマン帝国時代に迫害されたことに触れる一方で、その改訂版ともいえる『現代の国際政治-9月11日後の世界-』(高橋和夫編著、放送大学教育振興会、2008年)ではアメリカのエスニシティロビーの例として、アルメニア系アメリカ人のロビー活動に触れていた。現代国家としてのアルメニア、そしてアルメニアにルーツを持つ人の影響力は、日本に住んでいる我々が思うよりも大きいのだろう。

|

« ロサンゼルス・Olvera Street | Main | ロサンゼルス・チャイナタウン »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/50787824

Listed below are links to weblogs that reference ロサンゼルス・タイタウンとリトル・アルメニア:

« ロサンゼルス・Olvera Street | Main | ロサンゼルス・チャイナタウン »