« 香港軽鉄(香港輕鐵) | Main | 上野公園の大寒桜 »

2011年3月24日星期四

香港・屏山文物径と吉慶圍

 前回の続き。香港と言えば九龍や香港島のきらびやかな光景をよくテレビなどで目にする。ここ香港はイギリス領であった頃に発展し、返還を経て今に至っている。が、香港では勿論それ以前から人々が住んで生活を営んでおり、当時から続いている営みの名残を香港の新興住宅地となった新界で見ることができる。

P3210240

 港鉄(MTR)・軽鉄の天水囲駅の目の前に、住宅地には珍しい塔が建っている。聚星樓というこの塔は600年の歴史を持つそうであるが、これだけの歴史がある塔と背後にそびえる高層マンション、そして港鉄の駅とが好対照である。
 このあたりは「屏山文物径」と呼ばれる、歴史的建造物が残る散策路になっている。新界五大氏族の1つである鄧氏(鄧一族)が12世紀からこのあたりに住んでいたとのことで、彼らに縁のある建物がこのあたりに残っている。

P3210243

 案内に沿って歩き駐車場を抜けると、2つの祠がある。左が鄧氏宗祠、右が愈喬二公祠。








P3210248

 愈喬二公祠の屋根にある飾り。









P3210244

 愈喬二公祠の隣にはやはり古い建物が残っていたが、奥の建物は残念ながら荒れるに任せるままであった。








P3210251

 聚星樓で見た案内では近くに上璋圍なる住居群が近くにあるとのことだったが通り過ぎてしまったようなので、戻ることにした。写真は聚星樓と上璋圍を結ぶ道から少し外れたところにある楊侯古廟。






P3210252

 古跡とはいえ住居は現代のものに建て替えられているところが多いのだが、時折古い建物が残っているのを見ることができる。







P3210254

 古井戸。









P3210256

P3210255

 上璋圍。鄧氏一族が寄り集まり、塀で囲って住んでいた場所である。
 内部は住民以外立入を遠慮願う旨書かれていたが、入り口から奥をのぞくとその先には祭祀を行う廟があるようであった。
 塀は古いまま残っているが、中の建物は現代のものに建て替えられているものが多い感じである。










P3210266

 覲廷書院なるこの建物は、隣にある清暑軒とともに学校として使われたとのことである。19世紀の建物とのことだが、昼休みで中を見ることができなかった。







P3210269

P3210271

 清暑軒の角を左に折れると、公園の奥に洪聖宮なる寺院がある。清朝期に建てられたものだが、訪れたときには虫食いが深刻なため立入禁止とする旨貼り紙があった。



P3210276

P3210277

 再び清暑軒に戻り今度は鄧氏宗祠から続く道を直進すると、「述卿書室」を指し示す案内が住居の間を指していた。
 この述卿書室、清朝末期に鄧氏の先祖を祀る建物がここにあったのだが1977年に取り壊されて門構えだけが残され、前後には新しい住居が建ったためそれにはさまれるようにして姿をとどめている。

P3210327

 軽鉄に一通り乗ったあとで、夕方になり元朗からMTR西鉄線で1駅の錦上路駅で降りてしばらく歩いたところに、吉慶圍というやはり塀で囲まれた住居群がある。ここも、塀の囲いこそ古いが中は新旧入り混じっているようである。






P3210329

 吉慶圍の入り口。









P3210330

 こちらは立入が禁じられておらず、HK$3の寄付で中に入ることができる。やはり入口から奥まったところに祭祀を行うであろう祠があったり古い建物が残る中に、新しい住居がびっしりと詰まっている。
 ここも鄧氏ゆかりの地であるとのことだが、今日住んでいる人の中には海外から香港に働きに来ているであろう人達を少なからず見かけたし、見かけた遊んでいる子ども達もそういった感じであった。
 イギリス領になる以前の香港の姿を、現代のベットタウンである新界で見ることができる。

(追記:2011年3月27日)香港の古物古蹟辦事處のウェブサイトで、香港の様々な古跡名所を知ることができる。イギリス統治期のものもありあるいはそれ以前のものもありとても興味深い。

********

 日本の東北地方太平洋沖地震のことは香港でも大々的に報じられている。MTR西鉄線の車輌に設けられているテレビではこの地震のことを報じるニュースに時間を割き、あるいは画面の下に地震関係のニュースを字幕で流していた。地震から1週間以上経過したこともあり、原発関連のニュースを多くやっていた。

P3200214

 香港のスーパーマーケットチェーン、恵康(Welcome)で見かけた、地震の罹災者への支援を呼びかけるポスター。コンビニエンスストアでも支援を呼びかけていて、本当に感謝に尽きない。






20110320541

 他方、香港空港の入国検査前のエリアには、「日本から到着した人向けの健康デスク」とした案内があった。外国の人が今回の原発の影響を見る目は、かなり厳しいようだ。

|

« 香港軽鉄(香港輕鐵) | Main | 上野公園の大寒桜 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/51209732

Listed below are links to weblogs that reference 香港・屏山文物径と吉慶圍:

« 香港軽鉄(香港輕鐵) | Main | 上野公園の大寒桜 »