« 「横浜港を結ぶ交通」@横浜みなと博物館 | Main | ベトナム料理「インドシナ」@小石川 »

2011年4月10日星期日

Androidで中国語入力-簡体字も繁体字も-

 1月に入手して使っているAndroid端末のIDEOS、メニュー画面を中国語を含め様々な言語に設定できることを以前書いた。今度は中国語での入力ができるようにしてみたい。

Snap20110410_204119

 IDEOSには、標準で「TouchPal」という入力システムがインストールされていて、英語やスペイン語、フランス語からラトビア語、ギリシャ語といった言語までさまざまな言語の入力をカバーしている。
 この「TouchPal」、日本語はひらがな入力のみで変換ができないので、別の入力システムを用意する必要がある。私は、その下にある「Simeji」というアプリケーションを使っている。









Snap20110410_204247

Snap20110410_204254

 TouchPal、中国語の入力については「Chinese PinYin」・「Chinese Bihua」・「Chinese Zhuyin」の3種類が用意されている。前2者が簡体字、「ZhuYin」は繁体字用である。










Snap20110410_211055

Snap20110410_211152

 簡体字のほうは、中国の携帯電話やパソコンでお馴染みの入力方法である。「Chinese PinYin」はそのままピンインを入力するもので、例えば「学」を入力するときには「wxyz」「tuv」「def」の3つのキーを押す。「x」が「w」の次だからといって2度押しする必要はなく、各キーに割り振られたローマ字の組み合わせで漢字を呼び出していく。「Chinese Bihua」は書き順に横棒、点、縦棒…というように入力して漢字を呼び出していく入力方法である。

Snap20110410_204430

 他方、繁体字の「Chinese ZhuYin」は、その名の通り注音符号(注音字母)で入力していくやり方である。台湾の人たちはこれで入力可能だろうが、注音符号を学んでいない人はこれでは繁体字の入力ができない。











Snap20110410_215116

Snap20110410_204552

 TouchPalは繁体字のピンイン=拼音入力ができず、また動きが重かったり入力言語の切り替え時にも時間がかかる感があるので、別の入力方法を探してインストールする。Androidマーケットに「Google Pynyin IME」というGoogle謹製のソフトがあり、これをインストールすると簡体字も繁体字もピンインで入力ができる。




Snap20110410_205024

Snap20110410_205028

 まず簡体字はこの通り、ピンイン入力をすると簡体字で予測変換が現れ、普通に入力ができる。











Snap20110410_204613

 そして、繁体字を入力する場合には設定の「繁体輸入」にチェックを入れる。













Snap20110410_204736

Snap20110410_204902

 キーボードは同じであるが、入力していくと変換候補が繁体字で現れ、繁体字での入力が可能になる。

 端末のメニューも多言語、入力も多言語が可能ということで、言語の面では使うことができる人の幅が広がる。そして、繁体字も簡体字もO.K.ということで、台湾・香港・中国どこでも(SIMカードは別にして)使うことができる。

|

« 「横浜港を結ぶ交通」@横浜みなと博物館 | Main | ベトナム料理「インドシナ」@小石川 »

Comments

こんにちは。IDEOSを購入して次回の中国旅行に持って行こうと考えていますが、IDEOSに現地SIMを使ってメール、電話は可能なのでしょうか?
突然で誠に勝手ながら教えて頂ければ幸いです。

Posted by: Dapuqiao | 2011年6月29日星期三 at 上午8:55

Dapuqiaoさん、こんにちは。
IDEOSはHSDPA/WCDMA850/1700/1900/2100MHz、GSM/GPRS/EDGE850/900/1800/1900MHz対応なので、中国でも使えます(どのキャリアのSIMでも少なくともGSMは使用可能で、中国聯通の3G対応SIMが手に入れば3Gも使えるかと)。
メールを送ったりインターネットに接続するにはAPNの設定が必要な場合もありますが、申し訳なくも設定が必要なのか、必要な場合の設定内容はわからないので予め調べていただくか中国でSIMカードを購入する際に確認していただければと存じます。
IDEOSに限らずandroid携帯は常に電波を掴もうとするので、残高があっという間に減るのかもしれません。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2011年6月29日星期三 at 下午11:56

早速のお返事ありがとうございます。可能のようなので研究してみます。
Androidでの中国語文字入力も参考にさせて頂きます。

上海は私も5年前にいた事があります。1年くらいダブっていたかもしれませんね。はぎお@貴ノ浪世代はどちらに住まわれていたのでしょうか?私は徐家汇でした。

Posted by: Dapuqiao | 2011年6月30日星期四 at 上午11:06

Dapuqiaoさん、こんにちは。
私は江蘇路の南の端、興国賓館の近くに住んでいました。徐家汇は徒歩圏なのでよく行っていました。
当時はWindows MobileやNOKIAの「智慧式手机」は値段が高く機能もあまり必要ないかと思ったので、普通の携帯電話を使ってました。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2011年7月3日星期日 at 上午6:59

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/51355156

Listed below are links to weblogs that reference Androidで中国語入力-簡体字も繁体字も-:

« 「横浜港を結ぶ交通」@横浜みなと博物館 | Main | ベトナム料理「インドシナ」@小石川 »