« 三月 2011 | Main | 五月 2011 »

四月 2011

2011年4月10日星期日

播磨坂の桜並木

P4100456

P4100439

 この週末は、茗荷谷に程近い播磨坂の桜並木を観に行ってきた。








P4100441

 桜の花は満開から散り始め、葉桜も顔を覗かせ、というところであっただろうか。








P4100507

 歩道に、散った桜の花びらが見える。









P4100489

 播磨坂の車道を分けるように中央が公園になっていて、花見を楽しむ人たちで賑わっている。家族やご近所で集まりシートを敷き、鍋ごと持ってきた料理や寿司、そしてビールや日本酒で楽しむ人たち、そこまではしなくても弁当を食べながら花見を楽しむ人たち、そして桜の花を眺めながら坂を下っていく人たち、と楽しみ方は様々である。東北地方の日本酒だろうか、「東北 日本 がんばろう」とシールが貼られた瓶の酒を堪能している人たちもいた。


P4100447

P4100451

 太い枝からだけでなく細い枝に実った花・つぼみや葉桜、







P4100483

 さらには幹から直接出てくるように咲いた花や葉桜に、生命力の強さを感じる。








P4100471

 播磨坂の中程には、八重桜も見ることができる。









P4100465

P4100469

 こちらはソメイヨシノが散ったあとでも、暫くは見ることができようか。






P4100446

 この播磨坂、名前は昔この地に屋敷を構えた松平播磨守に因んでいるがこの坂ができたのは第2次大戦後のこと、そしてこの桜が植えられたのは昭和35年とか、以来ここに住む方々に大事に育てられ立派な桜を見ることができるようになった。先週観た小石川後楽園の桜は歴史に根ざしていると言えるのに対し、播磨坂の桜は現代の人たちによって育てられたものと言える。
 幹や細い枝から出てきた桜の花や葉のような力強さで、一から始めても播磨坂の桜並木のように立派に事を成すようにしたいしその助けとなりたいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベトナム料理「インドシナ」@小石川

20110410553

 茗荷谷駅から程近いところに、ベトナム料理の店「インドシナ」がある。そう大きくない店内には、ベトナムの子ども達の写真などが額に入れて飾られている。
 店の前には「ベトナム革命運動ゆかりの地 小石川」と題し、革命のための礎を得るべくファン・ボイ・チャウ及びクォン・デの両名が1900年代初に日本に来たこと、そして彼らに続いて日本に留学したベトナム人が多く文京区界隈に住んでいたことを紹介した文章が書かれている。留学生の中には小学生もいて、小石川にある小学校に通っていたとされている。
 その縁で、この店の2階にはファン・ボイ・チャウを称えるべく霊廟があるのだそうだ。

20110410551

 昼に食べたのは「チョロン街の中華飯セット」。量も多く、いろいろな味が少しずつ楽しめる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Androidで中国語入力-簡体字も繁体字も-

 1月に入手して使っているAndroid端末のIDEOS、メニュー画面を中国語を含め様々な言語に設定できることを以前書いた。今度は中国語での入力ができるようにしてみたい。

Snap20110410_204119

 IDEOSには、標準で「TouchPal」という入力システムがインストールされていて、英語やスペイン語、フランス語からラトビア語、ギリシャ語といった言語までさまざまな言語の入力をカバーしている。
 この「TouchPal」、日本語はひらがな入力のみで変換ができないので、別の入力システムを用意する必要がある。私は、その下にある「Simeji」というアプリケーションを使っている。









Snap20110410_204247

Snap20110410_204254

 TouchPal、中国語の入力については「Chinese PinYin」・「Chinese Bihua」・「Chinese Zhuyin」の3種類が用意されている。前2者が簡体字、「ZhuYin」は繁体字用である。










Snap20110410_211055

Snap20110410_211152

 簡体字のほうは、中国の携帯電話やパソコンでお馴染みの入力方法である。「Chinese PinYin」はそのままピンインを入力するもので、例えば「学」を入力するときには「wxyz」「tuv」「def」の3つのキーを押す。「x」が「w」の次だからといって2度押しする必要はなく、各キーに割り振られたローマ字の組み合わせで漢字を呼び出していく。「Chinese Bihua」は書き順に横棒、点、縦棒…というように入力して漢字を呼び出していく入力方法である。

Snap20110410_204430

 他方、繁体字の「Chinese ZhuYin」は、その名の通り注音符号(注音字母)で入力していくやり方である。台湾の人たちはこれで入力可能だろうが、注音符号を学んでいない人はこれでは繁体字の入力ができない。











Snap20110410_215116

Snap20110410_204552

 TouchPalは繁体字のピンイン=拼音入力ができず、また動きが重かったり入力言語の切り替え時にも時間がかかる感があるので、別の入力方法を探してインストールする。Androidマーケットに「Google Pynyin IME」というGoogle謹製のソフトがあり、これをインストールすると簡体字も繁体字もピンインで入力ができる。




Snap20110410_205024

Snap20110410_205028

 まず簡体字はこの通り、ピンイン入力をすると簡体字で予測変換が現れ、普通に入力ができる。











Snap20110410_204613

 そして、繁体字を入力する場合には設定の「繁体輸入」にチェックを入れる。













Snap20110410_204736

Snap20110410_204902

 キーボードは同じであるが、入力していくと変換候補が繁体字で現れ、繁体字での入力が可能になる。

 端末のメニューも多言語、入力も多言語が可能ということで、言語の面では使うことができる人の幅が広がる。そして、繁体字も簡体字もO.K.ということで、台湾・香港・中国どこでも(SIMカードは別にして)使うことができる。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2011年4月9日星期六

「横浜港を結ぶ交通」@横浜みなと博物館

P4090427

 横浜みなと博物館で開かれている「横浜港を結ぶ交通」という展示を見てきた。「横浜みなと博物館」、桜木町付近には船や海にまつわる展示をしているところがいくつかあるのでどこかと思いきや日本丸の後ろに見える博物館のことである。
 節電とのことで午後4時閉館というのを知らずに3時過ぎに行ったため、以前見たことのある日本丸や常設展示は見ずにこの特設展示だけを見てきた。
 小さな展示室での展示だったが、明治時代には神奈川ら横浜までは連絡船でつながれていたこと、今であればそう時間もかからず地上交通が発達している東京・横浜間の貨物輸送は船が主力であったこと、今の横浜線はかつては私鉄で関東北部からの生糸輸送を主目的に開かれるも経営不振で国有化されたこと、初期の東海道線は当時の横浜(今の桜木町)でスイッチバックしていたが軍需輸送のため桜木町を通らないルートとなり桜木町は幹線駅との連絡列車のみになったこと、等、神奈川県に住んでいたこともあったが知らなかったことをたくさん教えられた。また、当時走っていた蒸気機関車のうち1台はその後台湾に渡り、引退後の姿を台北の台北博物館で見ることができる。
 この「横浜港を結ぶ交通」、明日10日までの展示である。

P4090417

 桜木町駅とランドマークタワーを結んでいるのは高架の歩道だが、その下の道は桜並木になっている。








P4090425

 この通りには「さくら通り」と名がついており、人々は日本丸を眺めながら桜の木の下を歩いてゆく。
 明日(10日)には日本丸に帆が張られるのだとか。1日違いで残念だが、さぞ映えることだろう。






P4090422

 桜の花が少ないように見えたのでここ1、2日の強風で散ってしまったのかと思ったが、まだつぼみのままで花開くのを待っているものも少なからず見えた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011年4月3日星期日

小石川後楽園のしだれ桜

P4030405

 あいにくの曇空だったが、小石川後楽園に桜の花を観に行った。

P4030350P4030391 小石川後楽園で観られるのはシダレザクラ、ソメイヨシノよりは開花時期が早いようでもう満開であった。
 入ってすぐのところにあるしだれ桜は推定樹齢600年なのだとか。目の前に桜の花がぶら下がって来るので、多くの人が枝に近づいて桜の花を観ていた。

P4030375

P4030383

 飯田橋と東京ドームにはさまれた後楽園、都会の中の憩いの場と言えよう。
 小石川後楽園と言うが地名は文京区後楽、3年前に桜を観た小石川植物園までは歩いて30分くらいはかかろうか。

P4030406

 園内の桜は、桜並木というわけではなく、園内に点々と桜の木があるという感じである。白っぽいものや桜色と呼べるものなど、微妙に色合いが異なっている。





P4030356

P4030363

 園内で見られる他の小植物や木々。小石川後楽園では小鳥も見られるようで、三脚を構えて小鳥が姿を現すのを待っている人も少なからず園内にいた。

P4030404

 晴れの姿を見せる桜の花の下にはこれから咲こうと芽をふくらませているつぼみも見える。さらには、花のあとで緑の色を見せてくれる桜の葉も、そのあとに控えている。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« 三月 2011 | Main | 五月 2011 »