« ベトナム料理「インドシナ」@小石川 | Main | AFCチャンピオンズリーグ 鹿島アントラーズ v.s.上海申花 »

2011年4月10日星期日

播磨坂の桜並木

P4100456

P4100439

 この週末は、茗荷谷に程近い播磨坂の桜並木を観に行ってきた。








P4100441

 桜の花は満開から散り始め、葉桜も顔を覗かせ、というところであっただろうか。








P4100507

 歩道に、散った桜の花びらが見える。









P4100489

 播磨坂の車道を分けるように中央が公園になっていて、花見を楽しむ人たちで賑わっている。家族やご近所で集まりシートを敷き、鍋ごと持ってきた料理や寿司、そしてビールや日本酒で楽しむ人たち、そこまではしなくても弁当を食べながら花見を楽しむ人たち、そして桜の花を眺めながら坂を下っていく人たち、と楽しみ方は様々である。東北地方の日本酒だろうか、「東北 日本 がんばろう」とシールが貼られた瓶の酒を堪能している人たちもいた。


P4100447

P4100451

 太い枝からだけでなく細い枝に実った花・つぼみや葉桜、







P4100483

 さらには幹から直接出てくるように咲いた花や葉桜に、生命力の強さを感じる。








P4100471

 播磨坂の中程には、八重桜も見ることができる。









P4100465

P4100469

 こちらはソメイヨシノが散ったあとでも、暫くは見ることができようか。






P4100446

 この播磨坂、名前は昔この地に屋敷を構えた松平播磨守に因んでいるがこの坂ができたのは第2次大戦後のこと、そしてこの桜が植えられたのは昭和35年とか、以来ここに住む方々に大事に育てられ立派な桜を見ることができるようになった。先週観た小石川後楽園の桜は歴史に根ざしていると言えるのに対し、播磨坂の桜は現代の人たちによって育てられたものと言える。
 幹や細い枝から出てきた桜の花や葉のような力強さで、一から始めても播磨坂の桜並木のように立派に事を成すようにしたいしその助けとなりたいと思う。

|

« ベトナム料理「インドシナ」@小石川 | Main | AFCチャンピオンズリーグ 鹿島アントラーズ v.s.上海申花 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/51356598

Listed below are links to weblogs that reference 播磨坂の桜並木:

« ベトナム料理「インドシナ」@小石川 | Main | AFCチャンピオンズリーグ 鹿島アントラーズ v.s.上海申花 »