« AFCチャンピオンズリーグ 鹿島アントラーズ v.s.上海申花 | Main | 続・津軽鉄道と芦野公園の桜 »

2011年5月5日星期四

津軽鉄道と芦野公園の桜

P5040694_2

 都内のJRの駅に貼ってある「大人の休日倶楽部」のポスター、吉永小百合がローカル線の駅のホームに立ち、背後には桜の木が並んだ下を線路が通っている。このポスターが撮られたのが青森にある、津軽鉄道の芦野公園駅だというのを知り、ここへ行ってみようとこの連休に芦野公園を目指すべく青森へと向かった。

P5040698

 まずは五所川原へ行き、津軽鉄道に乗り換えて芦野公園駅へ。この日は変わりやすい天気で、五所川原では大雨の上に雹が降る大荒れの天気だったが、芦野公園に向かう頃には何とか持ち直し、時には青空も覗いていた。
 駅の上に、満開の桜を見ることができる。





P5040588

 「大人の休日倶楽部」のポスターの写真はこのアングルからか。ポスターでは吉永小百合が1人でホームに佇んでいたが、この日は桜祭りということで多くの人が踏切を横切る。
 ポスターは「1年後の観光案内」を目指して前の年に撮影されたのだろうか。




P5040580

 桜をバックに、芦野公園駅に停まるディーゼルカー。沿線で生まれ育った太宰治にちなんで「走れメロス号」の名前が付いている。ここまで桜のトンネルに囲まれたレールを通ってこの駅までやって来て、さらに桜の木の間を抜けてその先を目指す。





P5040594

 桜祭りということで、天気は今ひとつながらもかなりの人出である。








P5040605

 反対側の踏切から撮った、芦野公園駅の様子。









P5040622

 津軽鉄道では冬の間「ストーブ列車」を運行しているのだが、ゴールデンウィーク中ということでストーブ列車も臨時営業で桜の木の下を通っていく。







P5040636

 芦野公園駅の旧駅舎。今は喫茶店になっている。
 太宰治の小説『津軽』に描かれた頃は、この駅舎が使われていたのだとか。







P5040644

 桜の花は、満開の花の下に葉桜も見えるが、同じ枝につぼみもまだ見えるという感じであった。数日に渡って楽しめたのだろうか。







P5040666

 線路沿いばかりでなく、芦野公園へも足を運ぶ。公園に架かる「桜松橋」。








P5040677

 公園の池には「夢の浮橋」という浮橋が浮かんでいる。そこから「桜松橋」を振り返る。








P5040663

 園内の池では、ボートを楽しむ人もいる。









P5040671

 桜松橋を渡ったところにて、ここでも、細い枝に咲いた桜の花に生命力を感じた。







 芦野公園駅に入ってくるディーゼルカー「走れメロス号」。津軽鉄道のことはまた次に。

|

« AFCチャンピオンズリーグ 鹿島アントラーズ v.s.上海申花 | Main | 続・津軽鉄道と芦野公園の桜 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/51581315

Listed below are links to weblogs that reference 津軽鉄道と芦野公園の桜:

« AFCチャンピオンズリーグ 鹿島アントラーズ v.s.上海申花 | Main | 続・津軽鉄道と芦野公園の桜 »