« 2011年夏・スイス旅行(5)サッカースーパーリーグ・BSCヤングボーイズv.s.FCトゥーン | Main | 2011年夏・スイス旅行(7)ジュネーブ市内散策 »

2011年9月11日星期日

2011年夏・スイス旅行(6)ジュネーブ・パレ・デ・ナシオン

Imgp0241

 前回の続き。ベルンを朝出発し、ジュネーブへと向かった。








Imgp0245

 山がちなスイスだが、平地の多くは緑に覆われているのが印象的である。






Imgp0252

 ベルンから1時間ほど、トンネルを抜けると眼下にレマン湖が見える。このあたりでは、対岸はフランス領である。







Imgp0259

 2時間弱でジュネーブに到着。
 ここジュネーブはフランス語圏、マクドナルドの広告もフランス語である。






Imgp0276

 ジュネーブでまず向かったのは国連本部、パレ・デ・ナシオン。
 正面から門越しに建物を望む。中を見学するにはここから入ることはできず、左側にしばらく歩いたところから入場する必要がある。




Imgp0275

 正面の広場には、脚が折れた椅子のオブジェが建っている。地雷反対の意味がこのオブジェには込められている。







Imgp0279

 途中で見かけた、ガンジーの像。








Imgp0281

Imgp0283

 この日は月曜日ということで、アリアナ美術館は休館。
 さらに、国際赤十字・赤新月博物館は改装中で入ることはできず、パレ・デ・ナシオンの周りにあるほかの博物館や美術館を見ることはできなかった。

Imgp0291

 セキュリティーチェックのあとで館内見学。ここにある国連機関の紹介のあとで館内を巡る。
 通常見学できるはずの会議室は実際に会議に使われており、フラッシュを焚かなければとの条件でガラス越しに中の写真を撮る。




Imgp0296

Imgp0294 館内の廊下には、加盟各国から贈られた絵画が並ぶ。






Imgp0312

 重要会議で採決が行われる、大会議室。








Imgp0324

 廊下から中庭を望む。パレ・デ・ナシオンはレマン湖沿いにあり、申し分ない環境である。







Imgp0326

 途中で見かけた地球儀模様の陶器は、日本からの寄贈品とのこと。







Imgp0330

 別の会議室。壁面に自由を勝ち取ることの困難さと、その勝ち取った自由を想起させる。



 

 

 

 

 

 

|

« 2011年夏・スイス旅行(5)サッカースーパーリーグ・BSCヤングボーイズv.s.FCトゥーン | Main | 2011年夏・スイス旅行(7)ジュネーブ市内散策 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/52707698

Listed below are links to weblogs that reference 2011年夏・スイス旅行(6)ジュネーブ・パレ・デ・ナシオン:

« 2011年夏・スイス旅行(5)サッカースーパーリーグ・BSCヤングボーイズv.s.FCトゥーン | Main | 2011年夏・スイス旅行(7)ジュネーブ市内散策 »