« 2011年夏・スイス旅行(2)ベルン・旧市街散策 | Main | 2011年夏・スイス旅行(4)ベルン・アーレ川とクマ園 »

2011年9月6日星期二

2011年夏・スイス旅行(3)ベルン・大聖堂からの眺め

Imgp0083 前回の続き。ベルンの旧市街を東西に走るメインストリートは、時計塔の前でクラム通りと名を変え、さらに東へ向かって伸びている。







Imgp0086

 ツェーリンガー噴水の前で、時計塔を振り返る。噴水のてっぺんには鉄仮面の人形が見える。







Imgp0088

Imgp0125

 ベルンの旧市街では、建物の1階がへこんでいて歩道になっている。さらに、1階部分の柱が通りに向けてカーブを描いていること、建物の下の歩道と通りの間に、大きな段差があるところがあるところがあるのが面白い。


Imgp0093

 クラム通りから一本川沿いの通り、ユンケル通りには大聖堂が建っている。この大聖堂、15世紀から建て始めたが完成したのは1893年、つい120年ほど前とのことである。














Imgp0100

Imgp0109

 大聖堂の尖塔には300段あまりの階段がついており、頂上からは旧市街の東側を左写真のように望むことができ、途中の踊り場では360度全方位を眺めることができる。先に見た、アーレ川にかかるキルヒェンフェルト橋も、ここでは眼下の景色である。

Imgp0121

Imgp0122

 ゲレヒティクカイト通りと名前を変えたメインストリートに再び戻る。正義の女神の噴水を通ると、旧市街の東の端が見えてくる。




Imgp0126

Imgp0128

 途中でテラスに日の丸がかかったレストランがあった。
 どうやら店の名前は「FUGU」というらしい。「EDAMAME WITH SALT」「SALMON TERIYAKI」と我々日本人がその姿を思い浮かべやすい料理とともに、タイ料理のメニューが店頭の看板に並んでいる。
 「MAGURO NO TEBASAKI」はあまり聞かないが(調べてみると名古屋の「ご当地グルメ」だそうだが、ベルンに「ご当地グルメ」が伝播しているのであれば驚きである)、この店の「BEST」は「TUNA TATAKI」とのことである。

Imgp0129

 このレストランのあたりで、旧市街は終わりである。橋を渡ったところで見たアーレ川の様子は、また後程。

|

« 2011年夏・スイス旅行(2)ベルン・旧市街散策 | Main | 2011年夏・スイス旅行(4)ベルン・アーレ川とクマ園 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/52666781

Listed below are links to weblogs that reference 2011年夏・スイス旅行(3)ベルン・大聖堂からの眺め:

« 2011年夏・スイス旅行(2)ベルン・旧市街散策 | Main | 2011年夏・スイス旅行(4)ベルン・アーレ川とクマ園 »