« 侍ジャパンv.s.台湾代表@東京巨蛋 | Main | 神戸大学練習船・深江丸@塩釜港 »

2012年3月11日星期日

あれから1年・水戸でサッカーを観て思う

Imgp2469

 ふと思い立ち、サッカーJリーグ・J2の第2節、水戸ホーリーホックとカターレ富山の試合を観に行った。
 去年の今日震災が起こり、Jリーグも一時中断。この水戸やベガルタ仙台・鹿島アントラーズといったチームは大きな打撃を受けた。あれから1年、昨日のJ1開幕戦では奇しくもベガルタv.s.アントラーズの試合が組まれ全国ネットて中継されていたが、両チームの監督や選手がこの2チームがこのタイミングで戦うことの意義を述べていた。その翌日、「あれから1年」のその日に水戸ホーリーホックが試合をする。
 この日戦う両チームのエンブレム。電光掲示板の下にある「絆3.11忘れない」はアウェーの富山サポーターによるもの。

Imgp2476

 こちらはホームの水戸サポーターによる横断幕。









Imgp2477

 バックスタンドに水戸サポーターが入り、試合開始を待つ。
 去年は途中までメインスタンドが震災被害のため使えなかったとのことだが、今は完全復旧である。




 この週末のリーグ戦の全試合で試合前に黙祷が行われ、ここ水戸でも黙祷のあと試合開始。試合は前半風上の水戸が攻める時間が長く、前半途中に鈴木隆行のシュートがこぼれたところを小澤司が詰めてゴール、先制点を挙げる。
 後半は水戸が風下に立ち守りに回る時間が前半より増えた感があるが、それでも両チームにゴールなく時間は過ぎていく。

Imgp2533

 「あの時」から1年の同じ時間が試合中に訪れる。その一瞬のみが災害なのではなくそこから一連の震災、そしてそれに続く困難が起こったのであるが、この時間には多くの人が各地で黙祷をささげていたことであろう。






Imgp2537

 しかし、スタジアムではプレーが止まることはない。水戸の選手が相手陣内に入ってプレーするのを、はるか後方からゴールキーバー・本間幸司が見守っている。
 1年前のこの日がどんな日だったかよく知っている両チームの選手はプレーを止めずボールを追い、東京から来た私などよりはるかに震災の影響を蒙り、今も時折地震がある中で震災のことを強く意識しているであろう水戸の人達、茨城の人達がいつもの試合のように声援を送り続ける。

 試合終了間際に富山の連続攻撃があったもののそれを凌いだ水戸が、前半の1点を守り切りそのまま勝利。水戸はこれで2連勝である。
 試合後の監督インタビューでも、水戸の柱谷監督はこの日にある試合を戦う意義について語っていた。
 一時は引退を決意したものの、出身地茨城のためにと現役続行を決め去年水戸に加入した鈴木隆行は90分フル出場だった。

 「あの日から1年」「あの時から1年」に特別な思いを持つ人は、震災に直面した人を中心に多いだろう。「普通の1日」としてやり過ごすことができない人も多いだろうし、そもそも「毎日が『普通の1日』ではない」と思い「日常を取り戻したい」と思う人も多いだろう。
 節目の日や復興を冠したイベントは「あの日」を思い起こし今も日常を取り戻すことができない方々のことに思いを至らすきっかけになろうが、そうした節目だけではなく常に思いを至らすようにありたいものだと思う。

J's GOALゲームサマリー J2 第2節 水戸v.s.富山
     →【J2:第2節 水戸 vs 富山】柱谷哲二監督(水戸)記者会見コメント
     →【J2:第2節 水戸 vs 富山】安間貴義監督(富山)記者会見コメント
     →【J2:第2節 水戸 vs 富山】試合終了後の各選手コメント

|

« 侍ジャパンv.s.台湾代表@東京巨蛋 | Main | 神戸大学練習船・深江丸@塩釜港 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/54201052

Listed below are links to weblogs that reference あれから1年・水戸でサッカーを観て思う:

« 侍ジャパンv.s.台湾代表@東京巨蛋 | Main | 神戸大学練習船・深江丸@塩釜港 »