« 神戸大学練習船・深江丸@塩釜港 | Main | 2012年3月・続・塩釜あちらこちら »

2012年3月19日星期一

2012年3月・塩釜あちらこちら

 前回の続き。1日だけであるが塩釜の街を歩いたので、時系列にはとらわれずに写真をぼちぼちとアップ。

Imgp2566

 本塩釜駅前にて。漁業の町ということで、郵便ポストの上にも魚の姿が。








Imgp2708

 駅には今年の干支、辰年の絵馬があった。絵馬の下側には盛り塩が描かれている。








Imgp2712

 ここから鹽竈神社(塩釜神社)を目指して、本町通りという通りを歩く。
 由緒ありげな建物は、銘酒「浦霞」の蔵元。奥に見える門は室町時代建立の法蓮寺の一部を移築したものだとか。
 ここ塩釜には、「男山」の蔵元も
鹽竈神社の近くにある。





Imgp2717

 「浦霞」のすぐ先にある、御釜神社。









Imgp2726

Imgp2728

 車道に合流してしばらく歩くと、鹽竈神社の鳥居とその奥の急な石段が見えてくる。
 私が訪れたときは、地元の高校生?が50段ほどの階段ダッシュを繰り返していた。



Imgp2732

 階段を上り切った、と思った先にはまた階段が。









Imgp2739

 ようやく境内へ。









Imgp2740

 参拝を終えて階段を下っていく。急勾配なのがわかるだろうか。








Imgp2751

 ここ塩釜は、松尾芭蕉が「奥の細道」の紀行の途中で立ち寄ったところでもある。芭蕉が投宿した、
鹽竈神社参道にある寺の跡には、芭蕉止宿の碑が立っている。







Imgp2754

 「奥の細道」の一節を記したレリーフの奥には、酒蔵が見える。ここは先述の「浦霞」蔵元の裏手、車道側である。








Imgp2763

Imgp2768

 左写真の由緒ありそうな建物は「丹六園」、食器や和菓子を売っている店である。右写真に見える「太田與八郎商店」とともに古の街並みをしのぶことができる。
 神社や古い建物の写真ばかりになってしまったが、写真が多くなったので続きは後程。

|

« 神戸大学練習船・深江丸@塩釜港 | Main | 2012年3月・続・塩釜あちらこちら »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/54262748

Listed below are links to weblogs that reference 2012年3月・塩釜あちらこちら:

« 神戸大学練習船・深江丸@塩釜港 | Main | 2012年3月・続・塩釜あちらこちら »