« あれから1年・水戸でサッカーを観て思う | Main | 2012年3月・塩釜あちらこちら »

2012年3月18日星期日

神戸大学練習船・深江丸@塩釜港

Imgp2645

 神戸大学の練習船である深江丸が宮城の塩釜港に向けた航海をすると聞き、普段見ることがない大学の練習船を見ることができるいい機会だと思い、塩釜に見に行くことにした。
 この深江丸、神戸商船大学の練習船だったが神戸大学との統合により神戸大学海事科学部付属の練習船になっている。航海訓練所の練習船に比べると小型であり、短期の実習や洋上での研究に使われているようだ。 
貞山埠頭なるところに停泊しているとのことでまずはそこに向かったのだが、埠頭の入り口の扉は閉ざされていた。前日に小中学生向けの体験航海をするとのことで、その時であれば入れたのだろうか。前日は雨だったが、体験航海はできたのだろうか。
 他の岸壁への入り口は開いており回り込んで近づくこともできそうだったが、「関係者以外立入禁止」の掲示がいくつか立っていたので、間近に深江丸を見るのは断念して魚市場などのある対岸側から見たのが、この写真である。

Imgp2646

 隣に停泊していた海上保安庁の巡視船「ざおう」と比べると、大きさがわかるだろうか。
 深江丸は例年のこの時期は海が荒れるのを避けて瀬戸内海や九州での研究航海をしているそうだが、昨年神戸大学と東北大学が災害科学分野で提携することになったため、今年は塩釜への航海を行ったとのことである。
 今回の航海では、前述した小中学生向けの体験航海や、災害時に練習船がどのような支援を提供できるか探るための研究も行われるとのことである。また、ボランティア志願者も神戸からこの船に乗って宮城に向かい、停泊中にボランティア活動に当たるとのことである。
 先の震災を機に大学でその分野の研究のために練習船が活用されているのは素晴らしいことだと思う。深江丸や乗組員・教員の方々の活動が実を結ぶことを願いたい。

神戸大学 深江丸情報サイト春季研究航海 研究・事業テーマ概要(PDFファイル)
神戸大学 深江丸情報サイト(リニューアル版)
神戸新聞「神大練習船『深江丸』 仙台塩釜港へ出港」

****************

 深江丸は遠巻きにしか見ることができなかったので、塩釜で見たその他の船をぼちぼちとアップ。

Imgp2567

 貞山埠頭に向かう途中で見た、やはり海上保安庁の巡視船「まつしま」。







Imgp2688

 「まつしま」と並んで停泊していた巡視船「くりこま」は、対岸から見ることができた。








Imgp2617

Imgp2614

 宮城県の漁業取締船、「うみたか」と「うみわし」。本来は石巻を拠点としているが震災の影響で塩釜に停泊していることが記されている。





Imgp2657

 こちらは水産庁の漁業取締船、「北斗」と「たつまい」。「北斗」には船籍港がいわきであることが船体に書かれている。やはり震災の影響でここ塩釜に来たのだろうか。







Imgp2618

 「うみたか」「うみわし」が泊まっていた付近。地震がもたらしたパワーの程が窺える。








Imgp2642

Imgp2661

 ここ塩釜には漁船が多く泊まっている。写真の青く大きな漁船は、船の上にボートを何隻か積んでいる。遠洋漁業に出て、出た先で船上の小型ボートを下ろして漁を展開するのだろうか。



Imgp2655

 他方、我々が「漁船」と聞いて思い浮かべるのは、このような船だろうか。








Imgp2687

 奥に見えるのは、やはり水産庁の漁業取締船「東光丸」。先の2隻より大きい。「FISHERIES INSPECTION」の文字が見えるが、より遠洋に出て取締に当たるのだろう。







Imgp2704

 こちらは一転、電車の窓から見つけた、龍の装飾を施した小さな船。イベントなどで使われるのだろうか。

 船以外のこと、塩釜の街の様子はまた後程。

|

« あれから1年・水戸でサッカーを観て思う | Main | 2012年3月・塩釜あちらこちら »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/54254792

Listed below are links to weblogs that reference 神戸大学練習船・深江丸@塩釜港:

» 2回目の七ヶ浜 [海洋学研究室@深江]
怪しいものではござません 宮城県の七ヶ浜町復興支援ボランティアセンターで、これから行ってきま~す、の一枚です。 深江丸の春期研究航海、今年は宮城県塩竃でした。(余裕を見て)中3日も停泊があるので、11月にボラバスで行ったこのボラセンに皆さんを誘って行ってきました。金曜日で、約100名のボランティアが集まりました。作業は個人敷地の整地です。 後の2日間は仮設住宅での足湯(&手もみ+おしゃべり)。仮設にお住まいの方々は何度か体験されているので、初めての私の方がドキドキ。たぶん、喜んでいただけたか... [Read More]

Tracked on 2012年4月15日星期日 at 下午4:32

« あれから1年・水戸でサッカーを観て思う | Main | 2012年3月・塩釜あちらこちら »