« 三月 2012 | Main | 五月 2012 »

四月 2012

2012年4月30日星期一

会津鉄道・芦ノ牧温泉駅

 会津若松市の観光情報のページはtwitterで市民や観光客からの情報も流しているのだが、その中で「芦ノ牧温泉駅で桜のライトアップ」という情報が流れたのを見たので、去年行った津軽鉄道の芦野公園同様にこの駅も桜の名所なのだろうと思い、見に行くことにした。
 が、カメラもスマートフォンもあえなく電池切れとなってしまい、持っていた「130万画素・オートフォーカスなし」のカメラ付きの携帯電話でしか撮影ができなかった。

0002

 芦ノ牧温泉駅。ホームの奥、駅舎の並び、駅の前後と桜の木が並んでいる。









0031

 駅舎側はこのような感じである。










0014

 散った桜の花びらが、駅の入り口を囲んでいる。
 ここ芦ノ牧温泉駅でも、木は少ないながらも盛大な桜吹雪が舞っていた。








0006

0007

 駅の隣には、かつて会津鉄道で使われていたトロッコ列車が停まっていて、休憩所になっている。
 側面には、かわいらしい絵が描かれている。





0009

 保存されているトロッコ列車と、桜の木。










0003

 国鉄時代の駅名は「上三寄」。当時の駅名板が丸ポストとともに残っている。








0018

 この駅には「ばす」という名の、猫の名誉駅長がいるのだそうだ。この日は残念ながらお目にかかることができなかった。








0015

0013

 ちゃんとしたカメラで写真を残せなかったのは残念だが、桜に囲まれた小さな駅で、わずかの時間であるがその時間を楽しむことができたのでよしとしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

会津若松・鶴ヶ城の桜吹雪

 思い立って、会津若松にある鶴ヶ城の桜を観に行った。

Imgp3104

 桜はすでに葉が出つつあり、満開の頃を過ぎて葉桜に向かいつつある、という感じであった。お堀の水面には、散った花びらが浮いている。







Imgp3107

 散る間際であろう桜の花。みずみずしいままの姿である。









Imgp3110

 この日は散る花びらに囲まれての鶴ヶ城散策、時折風向きか何かの折で桜吹雪の中に身を置くことになる。








Imgp3145

 天守閣に近いところでも、写真のような桜吹雪である。









 北出丸付近で撮影した桜吹雪の動画。
 桜吹雪が激しく起こるのは、必ずしも風が強く吹いたときというわけでもなさそうだ。散る時には一度に桜吹雪を舞い起こして散るのだろうか。

Imgp3132

Imgp3133

 ここ鶴ヶ城の桜も、歴史を経た大木の幹の上から直接花が咲いているのが見える。さらに、古い木から新しい枝が育ち、その枝にも花が咲いている。




Imgp3159

 この鶴ヶ城、1384年に作られた黒川城を起源にその後室町~安土桃山~江戸時代と時を重ね、戊辰戦争にも耐えてきたが明治時代に天守閣など城内の建築物は取り壊され、現在の天守閣は1965年に再建されたものなのだとか。会津の歴史を取り戻すのに、相当の時間がかかったといえよう。




Imgp3149

 天守閣は復元されたものの、城内の様々な部屋や小建物の跡地は、そこが跡地であることを公園の中にとどめているのみである。







Imgp3156

 桜吹雪が舞い降りたところと、芝生の緑とのコントラストがはっきりとわかる。








Imgp3148

 天守閣では会津藩最後の藩主にして会津戦争を戦った松平容保にまつわる展示がなされていた。その宣伝に描かれていた写真を見て、「容保ってジャニーズ系ね」と言っている人がいました…






Dsc_0332

 会津若松の観光キャラクター、「お城ボくん」。ちゃんと脇差を差しているところが芸が細かい。









Imgp3192

 城内にある茶室麟閣にはシダレザクラが。









Imgp3183

Imgp3197

 シダレザクラは、今が旬といった感じである。








Imgp3167

Imgp3210

 城と桜というのは風景としてよく映える。それに加えて桜吹雪に圧倒された今回の鶴ヶ城散策であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012年4月14日星期六

映画『台北カフェ・ストーリー』

 思いがけず時間が空いたので、六本木シネマートで今日から公開の『台北カフェ・ストーリー』を観に行った。

『台北カフェ・ストーリー』オフィシャルサイト

Continue reading "映画『台北カフェ・ストーリー』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012年4月10日星期二

またかつての通学路を歩く

 前回の続き。かつての学舎のグラウンド跡の公園を見たあとは、3年前同様に最寄駅を目指してかつての通学路を歩く。

Imgp3001

 細い道を曲がった先に、霊園の中で花開く桜が見える。









Imgp3011

 夕暮れ時、どうにか日の出ているうちにここの桜を見ることができた。








Imgp3020

 ここの桜の木は、枝振りが立派なものが多いような気がする。長く太い枝に、桜がびっしりと咲いている。








Imgp3040

Imgp3030

 もっとも、学生時代には霊園の中を歩いて学校を目指したわけではなく、その脇にある小道を通ったものだ。
 通学路から見た桜は、駅から学校へ向かうときはこんな感じだったろうか。まだ散りゆく花びらも少なく、本当に満開の頃である。夕方でやや暗めなのが残念である。

Imgp3050

 最寄駅。今回歩いて一番驚きだったのは、学生時代には店から湯気が上がり、行列がいつも絶えないまんじゅう屋があり、そしてその姿は3年前も変わることがなかったのだが、今回訪れてみると中で座って食べることができる甘味処になり、店構えが大きく変わったことであろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かつての学舎の跡に立つ

 この前の日曜日に、花見に出かけたついでにかつての母校の跡地にも足を運んでみた。このあたりに来るのは3年ぶりである。

Imgp2958

Imgp2965

 この日は日曜日ということで、かつてお世話になった店はお休みのところばかりであった。






Imgp2968

 以前も書いたが、私の母校は10年くらい前にこの地から別のところへ移転しており、跡地にはマンションと特別養護老人ホームなどの福祉施設が建っているのは、3年前にここに足を運んだ時に既に見ている。
 私の前にマンションの写真を撮っている人がいたが、やはりこの地に縁のある人なのだろうか。




Imgp2975

 3年前はかつてのグラウンドは工事中だったのだが、今は公園になっている。日曜日の夕方、親子で遊んでいる姿が多かった。
 公園の入り口では、少年たち数人がが自転車の曲乗り?のパフォーマンスに励んでいた。
 公園の名前だが、結局学校の跡地であることは冠せられず、地名のあとに「みんなの公園」と続く名前になっていた。



Imgp2977

Imgp2978

 この公園にも桜の木があるのだが、新しい公園に植えられた木ということでまだまだ幹や枝が細い。播磨坂や飛鳥山のような立派な木になるには、年月がかかりそうである。



Imgp2982

 それでも、細い枝なりに桜は満開、今が旬であった。









Imgp2984

 この公園で遊ぶ子ども達には、母校がこの地から去ってから生まれた子どもも多いだろうし、この地に学校があったことも知らない子どもも多いだろう。
 それでも、この地で育ちそして育てられて未来へと歩みだすのは、かつての我々と変わらない。この地で育つ子ども達をはじめ、この界隈に長く住む人も含めて縁あってこの地に住む人たちに幸多からんことを願いたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012年4月8日星期日

飛鳥山公園

 今年の春は、播磨坂に引き続き飛鳥山公園へと足を運び、花見のハシゴをした。

Imgp2890

Imgp2898

 昔はなかったレトロ調の路面電車が、飛鳥山公園の前を通り過ぎていく。





Imgp2900

 歩道橋の上から。









Imgp2920

 公園の中は、シートを敷いて酒食を楽しむ人たちでいっぱいである。
 かつて「西ヶ原で学んだ頃」にも飛鳥山公園には行ったことがあるのだが、これほどにごった返した飛鳥山公園を見るのは初めてだと思う。当時は花見にはいかなかったのだろう。




Imgp2923

Imgp2925

 公園には、昔の路面電車や蒸気機関車が保存されている。保存、といっても子ども達の格好の遊び場になっていて、蒸気機関車に上ってしまう元気な子どももいた。安全にはくれぐれも気を付けて。


Imgp2928

 人疲れかはたまた酒が入ったせいかシートの上で寝ている大人が目立つのだが、子ども達は遊具のある公園で元気に遊びまわっている。大人と子ども、別世界である。







Imgp2932

 「ふるさと北区」「桜の飛鳥山」。この近くで4年学んだ私にとっては、ずっと気になってそして時折思い出して訪れたくなる「ふるさと」には違いない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年も播磨坂の桜並木へ

Imgp2855

 昨年同様に、今年も播磨坂に満開の桜並木を観に行ってきた。


Imgp2821

 去年はこのようなアーチがあっただろうか。







Imgp2822

 公園や庭園で静かに静かに桜を見るのもいいが、桜の下で賑やかに酒食を楽しんだり、その横を歩いて行ったりするのもはなやいだ気分になってよい。足の不自由な方も少なからず播磨坂に来られていたが、多少の困難は承知で桜を見に行こうという気にさせてくれる、そんな力があるのかもしれない。



Imgp2824

Imgp2840

 播磨坂の桜のいいところは、大木でありながら細い枝でも花が咲いていたり、木の幹から直に花が咲いていたりするのを見ることができることである。生命力の強さを見せてもらい、前向きにさせてくれる。


Imgp2847

 桜の木のはるか上を、飛行船がゆったりと通り過ぎていく。









Imgp2870

 今年の桜は、先日の大荒れの日の後に一気に満開になったという感じである。平日は朝から夕方まで、時には夜遅くまで働いている身には満開の桜を見ることができる週末は年に一回しかなく、それだけに美しい桜並木やそれに負けじと競うような草花、そしてそこに集まる人々の姿は毎年それぞれに印象深いものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東北新幹線・春の装い

Dsc_0261_2 昨日仙台から乗った東北新幹線。
 桜の絵柄が車体に描かれている。関東から東北へと春の便りが北上する中を、新幹線が走っていく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宮城県七ヶ浜町

 宮城県七ヶ浜町に行って、1日だけではあるが田んぼの復旧作業のお手伝いをしてきた。
 先の震災とそれに伴う津波で田んぼに流れてきた瓦礫の多くは重機で撤去したのだが、まだ細かい瓦礫など本来田んぼにあってはいけないものがまだ残っているとのことで、それを取り除くためにボランティアのニーズがあるのだとか。瓦礫片やプラスチック片、さらには木片など「本来田んぼにあってはいけないもの」をたくさん拾ったのだが、田んぼの土も「本来の田んぼの土」ではないものが表面にある場所があるようにも感じた。
 ボランティアセンターのブログ記事にもあるように、本来田んぼでかがんでする作業と言えば田植えの作業のはず。震災から1年以上経っているのだが、元通りの生活を取り戻すにはまだするべきことがあるようだ。
 現場へ向かう車の中で流れていたラジオでは東京では桜が満開で花見を楽しむ人が多いことを伝えていたが、この日の七ヶ浜は時折雪が舞う変わりやすくそして肌寒い天気。東京も「花冷え」だったのだろう。

****************

Dsc_0251

 七ヶ浜町災害ボランティアセンターは町の生涯学習センターの中にあり、周りには町営プールやサッカー場などスポーツ施設もある。
 町の武道館も同じ敷地の中にあり、朝から地元の小中学生だろうか、柔道の稽古に励んでいた。
 小学生・中学生が元気なのは良いですね。公営の武道場での稽古は私にも覚えがあるので、窓の外から少しだけであるが懐かしく眺めた。



Dsc_0245

 その隣にはサッカー場がある。去年ソニー仙台の試合を観に行ったのだが、そのソニー仙台は隣の多賀城市を拠点にしており、たまにではあるが公式戦をここで戦う。先週末もここで公式戦があったのだとか。
 写真に写っていない、右奥には瓦礫が山積みされていて、ここにもまだ震災の爪痕が残る。





Dsc_0250

 生涯学習センターの近くには仮設商店街があり、理容店・花屋やラーメン屋が軒を連ねている。昼休みにはそのラーメン屋「夢麺」で、「みそ夢麺」と餃子を食した。
 手前のフォルクスワーゲンのワゴンはソフトクリームやシャーベットを売る店。私が行った日は時折雪も舞う天気だったのでシャーベットはどうか、と思ったが、暖房の利いた部屋で食べるとか運動した後で食べるとかしているのだろうか。



Dsc_0257

 最寄りのバス停の近くにて。高いところにあった住宅は難を逃れてそのままそこで暮らすことができるのだが、低いところの住宅は津波の被害をもろに蒙ってしまった。無事だったところでも近所が被災したことでコミュニティの一部が失われており、少なからず影響が残っているのだとか。
 見えている姿は震災の影響などないように見えるが、見えていないところにまだまだ元通りの生活を取り戻せていないところがある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012年4月4日星期三

映画『父の初七日』

 同学にこの映画のことを教えてもらい、東京都写真美術館での上映終了1週間前に観に行くことができた。謝謝同学。

Dsc_0233

 台湾での葬式というと、親族でもないのに派手な泣き真似で葬式の演出をする「泣き女」など独特の風習が取り上げられることが多く、またこの映画でもそんなエピソードがふんだんに散りばめられているのだが、この映画は葬式を通じて台湾の小さな街の人間模様と親子愛を描いた映画、と言えようか。父親の葬式を出すことになった娘が、遺影をバイクに乗せて運ぶ途中で学生時代に父親と同じ道をバイクで走ったことに思いが至るなど葬式当日に至るまでの節々で父親と過ごした日々に思いを寄せ、また葬式が終わって随分経った後でもふとしたことで父親を思い起こして涙する姿に映画を観る私も感情が入っていく。葬式自体はいろいろな儀式やイベントの中で慌しく時間が経っていくのだが、この映画に後日談があるとすればきっと葬式のことを思い出す時にも父親に思いが至るのだろう。父親のことを深く胸に刻むことができた娘も、これだけ娘の心の中に残してもらえた父親も、幸せであるし幸せであったと言えよう。

 写真は映画を観終わった後、恵比寿ガーデンプレイスにて。チューリップはあと少し、というところだろうか。昨日の強風に耐えて花を咲かせるのか、咲かせたのか。

映画『父の初七日』オフィシャルサイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 三月 2012 | Main | 五月 2012 »