« 四月 2012 | Main | 六月 2012 »

五月 2012

2012年5月7日星期一

津軽鉄道・2012年5月

 前回の続き。今回は津軽鉄道の写真と動画をぼちぼちとアップ。

P5050855

 津軽鉄道の冬の名物であるストーブ列車。今年もゴールデンウィークには1日2往復走っていた。









P5050963

P5050964

 今回は金木から五所川原に戻るときにこのストーブ列車に乗った。乗車率100%の盛況、といったところか。







P5050965

 列車の入り口付近に飾られていた、俳句の色紙。










P5050817

 こちらは毎日走っているディーゼルカー、「走れメロス」号。この日は団体客が多いこともあり、3両や4両といった長編成で芦野公園の桜のトンネルを抜けていく。








P5050862

 桜吹雪の中芦野公園駅に入っていく「走れメロス」号。









P5050947

 五所川原方面から金木駅へと入っていく「走れメロス」号。遮る木々がないと、ここが津軽平野であることに改めて気づかされる。






P5050906

 車内には、乗車時に楽しめるように本が置いてある。毎日利用する地元の方々向けだろうが、車輛が変わってしまいお目当ての本になかなか再開できず、読みかけの本に久々に会う、ということもあるのだろうか。






 動画もぼちぼちとアップ。まずは芦野公園駅から桜のトンネルを抜けていくストーブ列車。


 桜吹雪の中、芦野公園駅を出発する「走れメロス」号。
 去年に続いて、桜の時期の津軽鉄道を2年続けて見た。他の季節、たとえば初夏や立佞武多の時期である8月に来るのもよいのかもしれない。
 旅先で列車に乗っていると、先日の会津もそうだったが観光客が乗っていることを察しているのか親や祖父母につれられた子どもが手を振ってくれるのに出会うことがある。時には沿線で働いているであろう人もその手を止めて手を振ってくれる。嬉しくなって、あまり見えていないのかもしれないがこちらからも手を振りたくなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012年5月6日星期日

続・今年も芦野公園と津軽鉄道へ

P5050910

P5050913

 

前回の続き。今年は芦野公園から隣の金木駅まであるいてみることにした。
 芦野公園駅に程近い金木小学校、校庭の周りが臨時の駐車場になっている。





P5050918

 この金木小学校、かつて太宰治が通った明治高等小学校の跡地に建つ。かつてここに明治高等小学校があったことを示す碑。太宰治は、成績が良いのは学校の先生の配慮によるものと考えた父により、補習のためにこの学校に通ったのだとかで、その様子は彼の小説『思ひ出』に描かれてるのだとか。





P5050921

 金木駅に向かう途中には、太宰の作品名を壁面に記した「思い出広場」というスペースがある。









P5050928

 津軽三味線会館。着いたときには津軽三味線のステージは終わっていたので展示のみを見学。津軽三味線の大家の人達とその生き様も紹介のほかに、三味線のような「敲いて音を出す弦楽器」が世界各地、とりわけユーラシア大陸の各地にあることを紹介する展示が目を引いた。音色も聞くことができたが、似ているようでやはり違っている、と感じた。




P5050931

 太宰治の生家「斜陽館」は、去年訪れた。










P5050940

P5050942

 太宰治疎開の家・旧津島家新座敷。去年訪れて館主のお話がとても印象深かった場所である。今年は中は観ずにショップだけを尋ねたのだが、去年訪ねたことをショップにいた方に覚えていただいていた。
 斜陽館に比べると穴場的な場所だが、津軽鉄道の車内でも「丁寧な解説で太宰をもう一回読もうと思わせてくれるところ」と紹介されていて、これからは訪れる人も増えるのだろうか。

P5050943

 去年も書いたが、この通りには『走れメロス』のストーリーを記した金属板が、通りの店の前に並んでいる。旧津島家新座敷では、流れが荒い川を前にするメロスの場面を読むことができる。







P5050938

 通りにある多くの店に写真のような案内があり、そして『走れメロス』のストーリーがある。
 芦野公園から金木駅まで歩いてもそうたいしたことがない距離だが、三味線会館の見学をしたことやあちこちで足を止めたこともあり、1時間かけてゆっくりと歩いて金木駅へと着いた。

 津軽鉄道の話は、また後程。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年も芦野公園と津軽鉄道へ

P5050859

 

昨年に続いて今年も青森へと足を運び、芦野公園に桜を観に行った。









P5050787

P5050792

 連休中は好天に恵まれたとはいえない芦野公園、桜は開花した後で温度が上がって一気に満開になりそして桜吹雪となったと津軽鉄道のトレインアテンダント(この4月から「津軽半島観光アテンダント」に衣替えとのこと)の方が車中で解説してくれた。この日が最後の見頃、という感じだろうか。
 普段は1両で走っているという列車も今日は3両編成、時には4両編成になり、団体で1~2両貸切になっていることもあった。このほかにもバスで芦野公園まで来るツアーもあり、人が多く盛況であった。

P5050794

P5050796

 公園内の桜。










P5050803

 去年も見た、今は喫茶店になっているかつての駅舎。前は桜の花びらのじゅうたんである。









P5050828

 芦野公園は去年散策したので、今年は駅の反対側を歩く。
 車道を渡った先にあるお寺。横には、「明治38年」の名が見える殉難碑があった。日露戦争に従軍した人を祀っているのだろうか。このほか、個人名が書かれた碑もあった。






P5050837

P5050832

 その横にある金木歴史民俗資料館の隣には、昭和42年まで津軽半島を走った森林列車が展示されている。
 線路の跡は今は田んぼを結ぶ用水路になっていると、やはり津軽鉄道のトレインアテンダントが社内でその用水路の脇を列車が通った時に教えてくれた。
 この辺りで、激しい桜吹雪に遭遇した。

P5050871

P5050873

 その奥にある相撲場。脇にはもう1つ土俵があったが、前日からの雨で水たまりになっていた。
 この日は、年配の方が何だろうかスポーツに興じていた。終わって一休み、という風情であった。
 写真が多くなったので、続きは後程。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012年5月5日星期六

会津ののりもの

 先日会津若松に行ったときに見かけた乗物をアップ。

Dsc_0313

 会津若松駅に並んでいたタクシー。
 車体の側面には「あいづLONDON TAXI」と書いてあり、ロンドンのタクシーの雰囲気を意識したようだ。








Dsc_0316

Dsc_0318

 こちらは観光名所に停まりながら市内を循環するバス。「あかべぇ」の名前がついている。
 私が乗ったときは乗客が多かったのか、写真の2台が連なって走っていた。




Imgp3255

 こちらはやはり市内各地を巡る路線バス、「ハイカラさん」。ボンネット型の車両で古い時代の雰囲気を出しつつ新鮮さも感じるバスである。







Dsc_0306

Dsc_0301

 こちらは郡山と会津若松を結ぶ快速列車「あいづ」号。かつて特急に使われていた485系をリニューアルした先頭車輛に描かれているのが「あかべぇ」、赤べこをモチーフにした会津若松観光のキャラクターである。
 車輛の側面には、やはり会津名産のおきあがりこぼしのイラストが描かれている。

Dsc_0307

 足元の乗車案内にも「あかべぇ」が。










Imgp3264

 こちらは会津鉄道の車輛。大河ドラマ『八重の桜』が側面に。新島八重の名も知れ渡っていくだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012年5月3日星期四

会津若松・その他もろもろ

 会津若松には桜を観に行ったのだが、それ以外の風景もぼちぼちとアップ。

Imgp3238

 鶴ヶ城の入り口近くにある、「シルクロード文明館」。煉瓦や梁を再生して建てたものだとか。「シルクロード」の名が冠せされているが、外国との往来が困難だった時代にその外国からもたらされたもの、のイメージだろうか。






Imgp3247

 会津若松を南北に通る北出丸大通りにある、戊辰戦争時代の会津藩家老、西郷頼母の屋敷跡。碑の横にある説明には、西郷の登城後に家族が自刃したという悲しい話が述べられている。






Imgp3217

 もっとも、柔道をしたことがある人から見た「西郷」といえば、「講道館四天王」の一人と称される西郷四郎六段であろうか。会津ゆかりであるのは初めて知ったが、調べてみると、西郷頼母の養子とのこと。
 この碑は鶴ヶ城の隣、陸上競技場の近くにあるのだが、他の碑の多くが石でできているのに比べると金属(アルミ?)作りの碑はちょっと違和感がある。




Imgp3251

 再び北出丸大通りの話。今はマンションが建つところにも、かつてはそこが会津藩家老の邸宅であったことを示す碑が建てられている。
 ここだけでなく、歩いていると今は普通の住宅や店舗になっていてもそこがかつての邸宅の跡であることがわかる説明をいくつか見かけた。





Imgp3254

 その碑の横にあった木からは、細い枝から花が咲いているのを見ることができた。歴史の上に、新しい日々を築いていく。







Imgp3244

 新しい建物だろうが、会津の歴史を感じることができるようだ。








Imgp3258

 戊辰戦争終結の地、と名付けられた場所。ここで会津藩は朝廷軍に対する降伏の儀式を執り行ったのだとか。今は会津の酒造りを伝える博物館になっている。







Imgp3260

 鶴ヶ城界隈から七日町を目指す途中に、「野口英世青春通り」と名付けられた通り。入り口にはホテルが建つが、通ってみると風情のある建物が並ぶ。








Dsc_0350

 野口英世を象ったレリーフ。下には来年の大河ドラマ「八重の桜」の宣伝が見える。このドラマの主人公、新島八重もやはり会津の出身である。








Imgp3261

Imgp3262

 通りにある「野口英世青春広場」。飲食店やトイレがある休憩スペースの奥に、野口英世の像が建っている。






Dsc_0360

 確か、野口英世青春通りから七日町駅へ向かう通りへと曲がるところだったと思う。









Dsc_0366

 七日町駅へ向かう通りは「七日町幸せ回廊」という名前が冠せられている。古い建物や街並みを重んじた建物が並ぶ。








Dsc_0363

 通りの骨董品店。ここに店を構えて、自らの目で集めた品をこの建物の中に並べることができるのは幸せだろう。









Imgp3263

 七日町駅。会津若松から1駅先になるこの駅は、雰囲気のある建物になっている。鉄道の駅としてはは無人駅だが「駅cafe」なる喫茶店・ショップが入っていて、そちらのほうがここに来るお目当てだろうか。あるいは市内を循環するバスがここを通るときに「ちょっと降りてみるか」という気になるのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 四月 2012 | Main | 六月 2012 »