« 会津鉄道・芦ノ牧温泉駅 | Main | 会津ののりもの »

2012年5月3日星期四

会津若松・その他もろもろ

 会津若松には桜を観に行ったのだが、それ以外の風景もぼちぼちとアップ。

Imgp3238

 鶴ヶ城の入り口近くにある、「シルクロード文明館」。煉瓦や梁を再生して建てたものだとか。「シルクロード」の名が冠せされているが、外国との往来が困難だった時代にその外国からもたらされたもの、のイメージだろうか。






Imgp3247

 会津若松を南北に通る北出丸大通りにある、戊辰戦争時代の会津藩家老、西郷頼母の屋敷跡。碑の横にある説明には、西郷の登城後に家族が自刃したという悲しい話が述べられている。






Imgp3217

 もっとも、柔道をしたことがある人から見た「西郷」といえば、「講道館四天王」の一人と称される西郷四郎六段であろうか。会津ゆかりであるのは初めて知ったが、調べてみると、西郷頼母の養子とのこと。
 この碑は鶴ヶ城の隣、陸上競技場の近くにあるのだが、他の碑の多くが石でできているのに比べると金属(アルミ?)作りの碑はちょっと違和感がある。




Imgp3251

 再び北出丸大通りの話。今はマンションが建つところにも、かつてはそこが会津藩家老の邸宅であったことを示す碑が建てられている。
 ここだけでなく、歩いていると今は普通の住宅や店舗になっていてもそこがかつての邸宅の跡であることがわかる説明をいくつか見かけた。





Imgp3254

 その碑の横にあった木からは、細い枝から花が咲いているのを見ることができた。歴史の上に、新しい日々を築いていく。







Imgp3244

 新しい建物だろうが、会津の歴史を感じることができるようだ。








Imgp3258

 戊辰戦争終結の地、と名付けられた場所。ここで会津藩は朝廷軍に対する降伏の儀式を執り行ったのだとか。今は会津の酒造りを伝える博物館になっている。







Imgp3260

 鶴ヶ城界隈から七日町を目指す途中に、「野口英世青春通り」と名付けられた通り。入り口にはホテルが建つが、通ってみると風情のある建物が並ぶ。








Dsc_0350

 野口英世を象ったレリーフ。下には来年の大河ドラマ「八重の桜」の宣伝が見える。このドラマの主人公、新島八重もやはり会津の出身である。








Imgp3261

Imgp3262

 通りにある「野口英世青春広場」。飲食店やトイレがある休憩スペースの奥に、野口英世の像が建っている。






Dsc_0360

 確か、野口英世青春通りから七日町駅へ向かう通りへと曲がるところだったと思う。









Dsc_0366

 七日町駅へ向かう通りは「七日町幸せ回廊」という名前が冠せられている。古い建物や街並みを重んじた建物が並ぶ。








Dsc_0363

 通りの骨董品店。ここに店を構えて、自らの目で集めた品をこの建物の中に並べることができるのは幸せだろう。









Imgp3263

 七日町駅。会津若松から1駅先になるこの駅は、雰囲気のある建物になっている。鉄道の駅としてはは無人駅だが「駅cafe」なる喫茶店・ショップが入っていて、そちらのほうがここに来るお目当てだろうか。あるいは市内を循環するバスがここを通るときに「ちょっと降りてみるか」という気になるのかもしれない。

|

« 会津鉄道・芦ノ牧温泉駅 | Main | 会津ののりもの »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/54625114

Listed below are links to weblogs that reference 会津若松・その他もろもろ:

« 会津鉄道・芦ノ牧温泉駅 | Main | 会津ののりもの »