« 『世界ふれあい街歩き 上海 四川北路界わい』 | Main | 『台湾海峡一九四九』 »

2012年6月30日星期六

上海往事-魯迅公園と多倫路 (2007年6月)

 先週のNHK-BS『世界ふれあい街歩き』で紹介された四川北路界隈、私も帰国直前の2007年6月に少しばかりであるが散策している。番組の映像と被る部分は前の記事でアップしたが、改めて魯迅公園や多倫路を中心にぼちぼちとアップ。

Img_2045

 まずは魯迅公園。上海市民の憩いの場である。
 透明なボールの中に子供が入って、池の中で遊んでいる。








Img_2042

 この魯迅公園、結婚写真の撮影スポットでもあるのだろうか、喧騒を離れたところでは何組かのカップルが結婚写真の撮影をしていた。








Img_2059

Img_2064

 もっとも、公園は賑やかなところばかりである。
 目についたのが公園に機材やマイクを持ち込んでカラオケに興じたり歌を披露したりする人々。右写真の赤シャツの男性はかなりの熱唱であった。
 左写真は、さしずめ「屋外簡易カラオケ」というところか。

Img_2049

Img_2050

 「魯迅公園」と言うくらいなので、園内には魯迅記念館もある。魯迅の生涯をたどることができ、出口付近には魯迅の作品が収められている本が壁の両側に張り付けられている場所があった。




Img_2084

 魯迅公園を出たところ、山陰路の老房子。










Img_2088

Img_2089

 これも確か山陰路だったと思うが、通りの壁に四川北路界隈の歴史建造物を紹介した絵がずらりと並んでいる一角があった。
 建物の紹介とともに地番も書かれているので、これを見て足を運ぶこともできよう。


Img_2123

 このあたりも、様々な規模の老公寓があった。今はどうなのだろうか。









Img_2124

 このあたりは旧日本租界ということもあり、文化人が住んでいたりかつての「革命拠点」であったりなどで史跡として指定されている住居もあった。








Img_2132

 『世界ふれあい~』でも少し映っていた、長春路の長屋住宅。ところどころに小商店があるのが、人の訪れを絶やさないアクセントになっているのだろうか。








Img_2147

 多倫路文化街の入り口。










Img_2148

 この多倫路、通りのあちこちに写真のような銅像がある。この地に縁のある作家などの時にはユーモラスな姿をも見ることができ、当時ここに住んでいた人たちのことを今に伝えてくれる。







Img_2149

Img_2154

 こうしたしゃれたつくりの建物は、1920年頃に立てられたものが多かっただろうか。








Img_2173

 鴻徳堂。やはり1920年代、1928年にできたという教会。










Img_2185

 文化街とは言うが、生活感があふれる古い長屋式の住居もここにあった。永安里という名前なのだとか。









Img_2188

 番組でもアンティークショップが紹介されていたが、骨董品や古書を売る店が並ぶ。
 他にも、古い紙幣や貨幣を売る店もあり、店頭に兌換券や「一分札」が置かれているのを見て自分が見たことがあるものも少しずつ歴史上のものになっていっているのを感じた。





Img_2194

 こちらは、「毛沢東像章蔵館」なる一角。










Img_2196

Img_2197

 中には、毛沢東バッジや毛沢東の像がズラリと並ぶ。
 毛沢東バッチは、時代別・頒布場所など由来別に整理されて展示されていた。





Img_2220

Img_2222

 再び老房子が通りに並ぶ。左写真の建物は中華民国の軍人、白崇禧がかつて住んだことがあるとか。今読んでいる本に彼の名前がちらりと登場するが、こうして振り返った写真の中に彼に縁のある建物を見つけると、活字の中にある歴史やエピソードがより身近に感じられる。

Img_2236

 再び四川北路へと通じる門を出て、多倫路文化街は終わる。










Img_2242

 ここに縁のある文化人らの紹介。残念ながら自転車やバイクがその前に遠慮なく停められている。









Img_2234

 出口付近にある建物は、中華民国の政治家・実業家である孔祥熙がかつてここに住んでいたことに因み「孔公館」と名付けられている。








Img_2243

 この界隈を紹介した絵にもあったこの老公寓、「拉摩斯公寓」(Ramous Apartment)という名前である。遠目に見ると風格がある一方で、一階には飲食チェーン店などが並び人々が足を運んでいた。







Img_2249

 夕方ともなると多倫路にも露店が並び、人々の興味を引く。夕方の露店に惹かれるのは世の共通だろうか。

|

« 『世界ふれあい街歩き 上海 四川北路界わい』 | Main | 『台湾海峡一九四九』 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/55090104

Listed below are links to weblogs that reference 上海往事-魯迅公園と多倫路 (2007年6月):

« 『世界ふれあい街歩き 上海 四川北路界わい』 | Main | 『台湾海峡一九四九』 »