« 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(6)アンティグア・十字架の丘 | Main | 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(8)ティカル遺跡 »

2012年9月27日星期四

2012年・グアテマラ&パナマ旅行(7)続々・アンティグア

Imgp3926

 前回の続き。十字架の丘をあとにし、再びアンティグアの街へ。

Imgp3836

Imgp3838

 学校と思しき建物の壁にレリーフが埋め込まれているが、残念ながらその内容を解することができない。





Imgp3839

 アンティグアは、どこを切り取っても絵になる街だと思う。








Imgp3845

 濃い緑色の建物は、印象に残る。








Imgp3847

 日本料理店とピザ屋が並ぶその先には、コンセプシオン教会が見える。







Imgp3874

Imgp3891

 コンセプシオン教会からさらに南に歩くと、サン・フランシスコ教会がある。
 教会の敷地には織物の店か工房かが並んでいて、織物作りをしている人がいた。



Imgp3892

 夕方になり、遊んでいた子ども達も帰る時間だろうか。








Imgp3924

 再び中央公園へ。市庁舎向かいの青い建物の先には、さっき登った十字架の丘が見える。







Imgp3933

 カテドラルも、今度は西日を受けて輝いている。








Imgp3969

 中央公園の西側には、カフェやベーカリーショップが並ぶ。







Imgp3984

 日が上っている間に、街歩きのラストスパート。








Imgp3986

 サン・ホセ教会。訪れる人を待つ土産物売りの人以外は人影なく静かである。







Imgp3993

 

Hotel Camino Realの向こうに見える、夕暮れ時のアグア火山。







Imgp4006

 本当は静かに祈りを捧げるべき場所であろうサンタ・ルシア教会の前は、他の街へ行くバスの乗降場になっていて行き交うバスの音が大きく耳に入る。
 ここで北へ、写真の右へ向かって歩くと朝見た市場に行くことができる。




Imgp4020

Imgp4021

 市場に着いたところで日が暮れてきた。夕暮れ時まで賑わっている。
 小さな街、小さな家や建物が並ぶ街ということもありとても親しみが持てる、アンティグアの街並みである。

|

« 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(6)アンティグア・十字架の丘 | Main | 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(8)ティカル遺跡 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/55760673

Listed below are links to weblogs that reference 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(7)続々・アンティグア:

« 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(6)アンティグア・十字架の丘 | Main | 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(8)ティカル遺跡 »