« 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(5)続・アンティグア | Main | 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(7)続々・アンティグア »

2012年9月27日星期四

2012年・グアテマラ&パナマ旅行(6)アンティグア・十字架の丘

Imgp3823

 前回の続き。

Imgp3728

 通りの奥、山の左側に木々が切れているところが見える。ここ十字架の丘を目指す。







Imgp3736

 丘を目指す途中にて、古い壁を残した建物の横を通る。








Imgp3741

 他方、こちらは白壁に木々の緑や花の色が映える。
 トーチみたいなものが見える建物が時折見られるのも、アンティグアの街並みの特徴である。






Imgp3749

 古いながらも、歴史を経て姿をとどめている教会をやはり横に見る。







Imgp3754

 人気のない、静かな小さい広場。








Imgp3774

 バスケットボールのコートの奥にも、廃墟となった教会の跡が見える。







Imgp3776

 これから丘を目指して登っていく。








Imgp3779

 

「Cerro de la Cruz」と書かれた矢印のほうに向かって歩く。
 後で知ったのだが、矢印の方向は車道を通って十字架の丘を目指す道である。逆側にある階段が近道であり、下るときはこの階段を下って10分ほどであった。
 細くて木々に囲まれた階段は警官が警備しており、道中の安全確保に努めていた。


Imgp3780

 車道経由でいくと、騎馬像のある広場が見えてくる。この広場に登ったがアンティグアの街は見えないので、広場にいた警官に「十字架はどこ?」の意味で「Cruz?」と聞いたところ、ここから下る道を指差してくれた。





Imgp3789

 午前中は良い天気だったのだが午後は曇りがちで、十字架の丘に来たときには街の奥に見えるアグア火山には雲がかかっていた。しばらくしてから雲が切れ、上の写真の通り山の上のほうまで見えてきたが、完全に山頂が見えるまでにはならなかった。




Imgp3817

 午前中に訪れたメルセー協会の隣で、鼓笛隊がまだ練習しているのが見える。







Imgp3832

 カラフルな平屋建てが並ぶのを、上から眺める。
 続きは後程。

|

« 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(5)続・アンティグア | Main | 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(7)続々・アンティグア »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/55760437

Listed below are links to weblogs that reference 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(6)アンティグア・十字架の丘:

« 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(5)続・アンティグア | Main | 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(7)続々・アンティグア »