« 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(7)続々・アンティグア | Main | 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(9)フローレス »

2012年9月29日星期六

2012年・グアテマラ&パナマ旅行(8)ティカル遺跡

Imgp4145

 前回の続き。アンティグアには小さな旅行代理店がたくさんあり、ここからグアテマラや近隣諸国へのツアーを手配してくれる。アンティグアを拠点に各地へ行くことが可能である。
 私も1日使ってグアテマラのマヤ遺跡であるティカル遺跡への日帰りツアーを申し込んだ。ツアーと言ってもアンティグアからグアテマラシティの空港まで車で送ってもらい、そこからティカルへの入り口であるフローレスへは飛行機で行き、フローレスで車にピックアップしてもらってティカル遺跡へ、という感じで、移動手段を組み合わせて手配してもらう感じである。
 アンティグアを朝の4時に出発してティカル遺跡を目指す。

Imgp4035

 グアテマラシティから1時間のフライトでフローレスに到着。TAKA REGIONALとTAG航空がそれぞれ朝夕1往復ずつグアテマラシティ~フローレス間のフライトを飛ばしている。




Imgp4040

 空港でピックアップしてもらい、ティカル遺跡を目指す。
 車中はフローレスに泊まっているというフランス人・オランダ人と一緒であった。





Imgp4044

 湖を横に見ながら、車は進んでいく。








Imgp4062

Imgp4083

 ティカル遺跡内ではガイドの案内で見学。
 かつて人々の生活が営まれたであろうこの場所は今や森になっていて、遺跡見物というよりはハイキングという感じである。


Imgp4066

Imgp4226

 木の上にいる猿などの動物もたまに見かけることができる。






Imgp4119

 小山を階段で登るのかと思っていささか急な階段を登ると…







Imgp4161

 実は今登ってきたのは遺跡であり、








Imgp4150

 遺跡の上からは一面の熱帯林、そしてその先にここ同様に森の中から顔を出した遺跡が見える。山で見える森とは別に、これだけの森の拡がりを上から見るのはおそらく初めてである。
 かつての都市であり、人々が生活を営んでいたであろう場所が今や熱帯林になっていることも驚きである。


Imgp4191

 こちらは木々が切れたところに残っている遺跡。








Imgp4178

Imgp4194

 急な階段を登ったはいいが、下りるのは一歩一歩、である。
 横から見ると急斜面になっているのがわかる。



Imgp4210

 神殿の跡が土に埋もれてしまっているのも、人々が姿を消してから長い月日が経っていることを示している。







Imgp4246

Imgp4239

 神殿が向かい合い、その脇に遺構がやはり向かい合う広場で見学は終了。5時間のハイキング、という感じである。
 マヤ遺跡、マヤ文明というものには予備知識はなかったし今も多くを知らないのだが、かつて文明を築き人々が生活を営んでいた場所が、人の姿がなくなるのみならず木々が生い茂る森になってしまっていることが驚きである。

|

« 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(7)続々・アンティグア | Main | 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(9)フローレス »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/55777455

Listed below are links to weblogs that reference 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(8)ティカル遺跡:

« 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(7)続々・アンティグア | Main | 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(9)フローレス »