« 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(13)アティトラン湖の絵心 | Main | 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(15)アンティグアのパレード »

2012年9月30日星期日

2012年・グアテマラ&パナマ旅行(14)アティトラン湖畔の村-サンティアゴ・アティトラン

Imgp4528

Imgp4550

 サン・ペドロ・ラ・ラグーナを後にし、小船はサン・ペドロ火山を巻くように進んでいく。






Imgp4645

 船は湖の入り江の村、サンティアゴ・アティトランSantiago Atitlánへ。







Imgp4579

 火山がよく見えるビューポイント。








Imgp4566

 眼下では村の女性が洗濯をしていたり、








Imgp4583

 子どもたちが水遊びに興じたりしていた。








Imgp4597

Imgp4589

 教会と学校。同じ広場に面して建っている。







Imgp4619

 こちらは別の学校。緑色の校舎とやはり壁に描かれた絵が印象深い。







Imgp4611

Imgp4625

 その学校の隣は公園になっている。







Imgp4628

 公園の中には、25Centavos硬貨の石碑が建っている。グアテマラの25Centavos硬貨に描かれている女性は、この村の先住民を描いたものなのだとか。






Imgp4604

Imgp4641

 この公園に面した通りがやはり市場のようになっていて、商店や露店が並んでいる。





Imgp4657

 1時間あまりの滞在でサンティアゴ・アティトランには別れを告げ、パナハッチェルへ戻る。
 帰りは波が高く、小さな船は水面にたたきつけられながらスピードを上げてパナハッチェルを目指す。




Imgp4670

 パナハッチェルには午後3時に戻った。今回はパナハッチェルに宿を取っているというメキシコ・イギリスそして中国系オーストラリアの人と一緒のアティトラン湖遊覧だったが、3人とはここで別れ帰りの車に乗るべく旅行代理店に戻る。





Imgp4681

 湖や湖畔の景色の美しさと、活気ある市場や道を行き交う人たちからこの地に根ざした暮らしぶりをわずかな時間ではあるが感じることができたことが印象に残る。アティトラン湖であった。

|

« 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(13)アティトラン湖の絵心 | Main | 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(15)アンティグアのパレード »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/55781727

Listed below are links to weblogs that reference 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(14)アティトラン湖畔の村-サンティアゴ・アティトラン:

« 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(13)アティトラン湖の絵心 | Main | 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(15)アンティグアのパレード »