« 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(15)アンティグアのパレード | Main | 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(17)ポルトベーロ »

2012年9月30日星期日

2012年・グアテマラ&パナマ旅行(16)パナマ運河鉄道

Imgp4831

 パナマへ着き、翌朝まずはパナマ運河鉄道に乗ることにした。
 パナマ運河鉄道は太平洋側のパナマシティと大西洋側のコロンを結ぶ鉄道で、平日の朝パナマシティからコロンへ向かう列車と、夕方にコロンからパナマシティに向かう1往復のみが旅客サービスを行っている。

Imgp4833

 パナマシティの駅にはオウムがいた。このオウム、鳴き声が'¡Hola!'であった。これだけ人の声に近いオウムの鳴き声を聞くのは初めてだ。
 駅の中にはTシャツやポロシャツなど記念グッズを売る店が並んでいたが、1日1往復の旅客サービスでどれだけ売れるのか疑問であった。私自身も出発まで時間に余裕がなかったこともあり、売られているものを見ることはなかった。


Imgp4837

 切符を25ドルで買い、駅のホームへ。
 繁体字で「歡迎光臨」なのは、パナマと台湾の国交ゆえなのだろう。






Imgp4839

 天井がガラス張りになっている2階建ての展望車もあるのだが、乗るように指定されたのは普通の車両である。社内は古めかしくも豪華な作りである。車内ではコーヒーのサービスがあった。
 朝の7時15分に列車はパナマシティを出発。




Imgp4843

Imgp4845

 出発してすぐに、水門を通る貨物船を車窓に見ることができた。






Imgp4847

 こちらは水門を通った後、ガツン湖を大西洋側を目指す貨物船。







Imgp4850

 もっとも、「パナマ運河鉄道」とは言うもののパナマ運河を車窓に見るのは少なく、ほとんどは森林の中を通っていく。
 車窓には、ゴルフ場と思しき風景が見えてきた。






Imgp4862

 たまに見える湖。ガツン湖自体が人造湖の筈なのだが、今や自然にできた湖のようである。







Imgp4889

 乗ってから1時間ほどでコロンの駅へ。
 旅客輸送は1日1往復だがこのパナマ運河鉄道は貨物輸送も行っていて、コンテナが駅に並ぶ。船に代わって両岸を鉄道で運んでいる。





Imgp4899

 列車はコロン駅に到着。
 パナマシティからコロンへ向かう通勤客のために、朝コロンへ向かい夕方コロンから戻るスケジュールになっているといわれているが、乗客の多くは観光客なようで、駅に着くと待っていたバスに乗り込む乗客が多かった。




Imgp4901

 普通の車輌にも展望スペースが設けてあるのだが、今回はずっと車内に座ってのパナマ運河鉄道であった。







Imgp4913

 2階建て車輌。








Imgp4910

Imgp4912

 コロン駅に停まる機関車。
 帰りの列車は夕方までないのでずっとここにいるわけにもいかず、バスターミナルに移動することにした。タクシーが待ち構えていたのでバスターミナルに行くようにお願いした。結果的にはバスターミナルは歩いてすぐ、しかも列車の駅からまっすぐ行けばよくわかりやすいところにあったのだが、地図を持っておらず場所がわからなかったこと、そしてコロンが「中米一治安の悪い街」といわれているほど治安がよくないと事前に聞いていたこともあり、わずかな距離であるがタクシーで移動した。

Imgp5612

 翌日のパナマ運河クルーズで、コンテナが載った貨車を機関車が牽いて走っているパナマ運河鉄道の列車を見ることができた。旅客は1日1往復だが、貨物輸送も含めて今日のパナマ運河鉄道であることがわかる。

|

« 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(15)アンティグアのパレード | Main | 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(17)ポルトベーロ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/55786568

Listed below are links to weblogs that reference 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(16)パナマ運河鉄道:

« 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(15)アンティグアのパレード | Main | 2012年・グアテマラ&パナマ旅行(17)ポルトベーロ »