« 門司港レトロ観光列車・潮風号 | Main | 気仙沼 »

2012年11月18日星期日

TOKYO農業祭@秋葉原

Dsc_0655 所用があって秋葉原に行ったところ、駅前に「TOKYO農業祭」と看板が掲げられたテントがあり、全国の農業高校生が自分たちが作ったお米や野菜などの農産品や、ジャムやジュースなどの加工品を展示販売していた。





Dsc_0658

 室内会場は秋葉原UDX。大学や農業法人などによる新しい取り組みの紹介も。
 ステージでは農業・漁業に従事する若い人によるシンポジウムが行われていた。企業勤めから家業の養豚業に転じた男性が「新規就農は起業と同じ覚悟が必要」と言えば、「ガールズ農場」の女性が「農業を『担う』という言葉はいかにも負担感があり、そうではなくもっと軽い気持ちで農業に身を投じてものでは」と、正反対の意見があったのが印象的であった。プレゼンターそれぞれ興味を持って見ることができる紹介の映像を持ち寄っていて、引き込まれるプレゼンスがも印象に残った。
 横に座っていた女子高校生が背筋を伸ばしてパネリストの言葉に聞き入り相槌を打っていたのが印象的だった。このイベントのために来た農業高校生なのか、あるいは偶々通りがかったイベントに感じるものがあったのか。

Dsc_0673

 「TOKYO農業祭」というだけあって、東京の農産品の展示販売も。戴いたプチトマトは、甘くておいしかった。









Dsc_0670

Dsc_0671

 こちらは、拝島で売られている「ラップチキン南蛮」。チキン南蛮を米粉のロールで包んだもの。







Dsc_0659

Dsc_0660

 イベントには東北での農業や漁業を知ってもらおうとするブースもあった。写真は東北の米を使ったおにぎりを売るブース。






Dsc_0662

 この日のパネラーでもある、宮城・雄勝で漁業を営む人たちによる牡蠣汁。









Dsc_0667

 世界における日本食を説明した展示も。海外に日本食レストランは3万店あまりありそのうち1万4千店はアメリカにあるのだとか。
 上海や北京にはそれぞれ推定で4~500店あるとも記されている。もっとも、新規開店もある一方で残念ながら閉店というように入れ替わりも激しそうである。

 東京の農業、東北の農業や漁業、世界における日本食、そして農業や漁業を担う若い人の考え方など、いろいろなことを知ることができたTOKYO農業祭であった。

|

« 門司港レトロ観光列車・潮風号 | Main | 気仙沼 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/56144089

Listed below are links to weblogs that reference TOKYO農業祭@秋葉原:

« 門司港レトロ観光列車・潮風号 | Main | 気仙沼 »