« 石垣空港 | Main | 映画『空を拓く 建築家・郭茂林という男』 »

2013年2月24日星期日

東京海洋大学練習船・青鷹丸

 羽田空港へ向かうモノレールの車窓、高層マンションの下に白い船が停まっているのがよく目に入り気になっていた。屋形船やプレジャーボートが多いこのあたりで、マンションの前に船が停まっているというのが珍しく、日を改めて見に行ってみることにした。

P2242081

 その船は浜松町から天王洲アイルに向かうとき、天王洲アイル駅に着く直前で見える。この日もその船が見えたので天王洲アイルで下車し、浜松町側に少し戻ってみる。
 浜松町と空港の往復でモノレールの車体を外から見ることは少ない。偶々、ポケモン塗装のモノレールが浜松町方面からやって来た。





P2242067

 駅を降りて岸壁沿いに歩くと、運河が切れ込んできたところで向かい側にその白い船が停まっていた。高層マンションの前に船が停まっているのも、あまり見ない光景である。







P2242070

P2242073

 船の名前は「青鷹丸」、東京海洋大学の文字もあり大学の練習船であることがわかる。船が停まっている岸壁とマンションの間にはフェンスがあり、中に入ることはできない。
 車道を隔てた向かいが東京海洋大学のキャンパスになっており、車道をくぐって大学とつながっているこの岸壁も大学の敷地のようだ。この辺りは、東京海洋大学のうちかつての東京水産大学の流れをくむ海洋科学部のキャンパスであり、主に水産系の実習や研究に使われるようだ。大学の練習船のなかでも小さいほうで、日本近海を航行するようである。

P2242074

 より小型の船も、同じ岸壁に停まっている。










P2242077

 車道を隔てた反対側、キャンパスには帆船のマストが見える。近づくと、船体には「雲鷹丸 UNYO MARU」の文字が書かれている。調べてみると、1909(明治42)年から1929(昭和4)年まで航海に従事した漁業練習船なのだとか。役目を終えキャンパスの隅、部室棟らしき建物の近くでひっそりと姿をとどめているこの雲鷹丸、国の有気文化財である。

 海洋大のキャンパスの脇は、運河を横に見る遊歩道になっていて、品川へと行くことができる。今はまだ風が冷たいが、もう少しすると良い散歩道だろう。

|

« 石垣空港 | Main | 映画『空を拓く 建築家・郭茂林という男』 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/56832238

Listed below are links to weblogs that reference 東京海洋大学練習船・青鷹丸:

« 石垣空港 | Main | 映画『空を拓く 建築家・郭茂林という男』 »