« 横浜FC香港 | Main | 東京タワーと「さんまのぼり」 »

2013年5月3日星期五

2013年4月・会津若松

 

去年に引き続き、今年も連休の1日を使って会津若松へ日帰りで旅をしてきた。

Imgp7032

Imgp7050

 まずは去年行かなかったところへ、ということで、白虎隊の悲劇が伝わる飯盛山へ。白虎隊士の墓や、鶴ヶ城を向いて立つ白虎隊士の碑(これは近年建てられたもの)がある。
 ここの桜は葉桜になりつつあり、最後に残った花が姿をとどめている、という感じであった。

Imgp7061

 飯盛山には「さざえ堂」というお堂がある。山間の会津なのになぜさざえの名を冠しているのかと思ったが姿を見て納得、上りと下りが別の通路になっていて参拝者がすれ違うことなくお参りができるようになっているこのお堂の外観がサザエのように見えることからつけられた名前だ。





Imgp7084

 今年の大河ドラマ『八重の桜』の舞台となっているここ会津、ドラマのオープニングに登場する石部桜。こちらも見頃は過ぎていて、花を落としつつあるところであった。それでも、樹齢600年といわれる立派な枝振りである。






Imgp7136

Imgp7159

 飯盛山から循環バスに乗り、西郷頼母の邸宅から幕末の武士の暮らしぶり、そしてやはり戊辰戦争で起こった頼母の妻子の悲劇を伝える会津武家屋敷。
 なにかちょっとしたことで違うのか、ここの桜はまだ見頃であった。天気が持ち直したことも、桜を美しく見せているのだろう。

Imgp7138

 屋敷の中には西郷家ゆかりの柔道家、西郷四郎像がある。








Imgp7171

 屋敷には梅の花も。同じ枝に紅白2色の花が咲いているのが美しい。








Imgp7248

 鶴ヶ城も城内の桜は葉桜になりつつあったが、堀を囲む桜の木は、新緑や青空、そして遠くに見える山々とのコントラストが美しかった。







Imgp7293

 去年写真を撮り損ねた芦ノ牧温泉駅の桜も、今年は既に見頃を過ぎてしまっていた。
 そのかわり、というわけではないが、芦ノ牧温泉の名誉駅長「ばす」と対面。夜勤明け、ということでずっとお休みだった。





Imgp7021

 前述の通り会津は今年の大河ドラマ『八重の桜』の舞台であり、街のあちこちで八重にまつわるものを見かけた。会津若松駅にて、番組のポスター。







Imgp7309

 快速列車の先頭車輛にも、番組の宣伝と『八重の桜』の文字が。この電車だけでなく、近郊型の電車にも同様に番組にまつわるラッピングがされていた。







Imgp7253

 今までは白虎隊など新島八重以外の幕末の人物、そして野口英世などが会津ゆかりの人物として観光で推されていたが、今年は八重一色。鶴ヶ城の堀沿いにも、落城時の八重の悲嘆を伝える案内板が加わっていた。






Imgp7255

Dsc_1887

 そして、大河ドラマ以上に会津若松のあちこちで見かけたのがこの「八重たん」。大河ドラマは1年限りなので、八重の人気を引き継ぐべく期待されているのだろうか。写真左は会津鉄道の車体、そして上で紹介した快速電車にも、「八重たん」が描かれている。

Imgp7132

 朝早くに東京を発っての日帰りの旅だったが、些か慌しい感じであった。桜の季節ではない別の時期にも、ゆっくりと訪れてみたい。







|

« 横浜FC香港 | Main | 東京タワーと「さんまのぼり」 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/57304443

Listed below are links to weblogs that reference 2013年4月・会津若松:

« 横浜FC香港 | Main | 東京タワーと「さんまのぼり」 »