« 航海訓練所練習船・大成丸@名古屋港 | Main | 『旅するボール』 - ショートショート フィルムフェスティバル & アジア - »

2013年5月24日星期五

リニア・鉄道館@名古屋

Imgp7793

 ガーデンふ頭から水上バスに乗り、大成丸に別れを告げながら金城ふ頭へ。ここには、JR東海が開設した「リニア・鉄道館」なる博物館がある。
 入館するとまず目に入ってくるのは、蒸気機関車・新幹線、そしてリニアモーターカー。列車の高速化に挑み続けた歴史の象徴である。




Imgp7795

 多くのスペースを使って、歴代活躍した車輛を展示している。自分にとっても歴史上の存在であるものもあり、あるいは自分自身が目にしたり利用したりして記憶に残っているが今は歴史上の存在になっているものもある。人それぞれによってその感じ方は違うだろう。



このリニア・鉄道館のウェブサイトにも、

鉄道の発展と共に歩んだ自らの人生を重ね合わせ、
過去を懐かしむことも
幼少・青春・現在と成長してきた自分と、
進化を続ける鉄道の姿を同化させ、
力をみなぎらせることも
明日の鉄道と来たるべき将来を連想し、
期待に胸を膨らませることも

それぞれの世代を魅了する、夢と想い出のミュージアム
それが「リニア・鉄道館」です。

という記述がある。自分が見てきたものを振り返り、未来に心を及ぼす、ということだろう。

Imgp7759

Imgp7773

 このあたりは私自身が目にしてきたものであり、








Imgp7764

 母に連れられて母の故郷を、そして親戚を訪ね歩いたときに乗ったのは、四国でではあるがこの車輛である。








Imgp7750

 歴代の東海道新幹線の車輛。「新幹線といえばこれ」と感じるのは、世代によって違うだろう。








Imgp7771

 新幹線が改善と成長を続けることをアピールする図。









Imgp7769

 普段は見ることがない試験車。「ドクターイエロー」と言うらしい。








Imgp7784

 列車そのものの展示とは別に目を引いたのは、「有法子」の文字を記した書。東海道新幹線建設時の国鉄総裁・十河信二の座右の銘なのだとかで、建設時の困難を紹介する展示の中にあるこの書について「成せば成る」とその意を紹介している。
 中国語では「没法子」=仕方がない、のほうが耳にする機会があるだけにこの言葉も印象に残った。「没法子」とすぐには思わず「有法子」という可能性を追い求めることの大切さを思い起こしてくれる。

|

« 航海訓練所練習船・大成丸@名古屋港 | Main | 『旅するボール』 - ショートショート フィルムフェスティバル & アジア - »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/57446789

Listed below are links to weblogs that reference リニア・鉄道館@名古屋:

« 航海訓練所練習船・大成丸@名古屋港 | Main | 『旅するボール』 - ショートショート フィルムフェスティバル & アジア - »