« 江差・函館旅行(9)五稜郭と箱館奉行所 | Main | 江差・函館旅行(11)青函連絡船と津軽海峡フェリー »

2013年7月10日星期三

江差・函館旅行(10)函館の路面電車

 前回の続き。函館には路面電車、函館市電が走っていて、湯の川温泉から五稜郭の近くや函館駅を通って函館どっく前を結び、また途中から分かれて谷地頭へと向かっている。函館の見どころの近くをあちこち通るので、観光客にとっては路面電車をメインの足にしていいほど便利である。
 私が函館にいたときには路面電車を乗りこなしている台湾からの観光客を少なからず見かけたし、ハングルの観光ガイドブックと思しき本を手に電車の路線図や時間案内とにらめっこしている人もいた。海外からの観光客も利用する函館市電、もっとも外国語のやりとりが気になってしまう函館の人もいるかもしれない。

Imgp9359

 基坂のふもと、大正時代の建築である相馬株式会社の前を通る路面電車。








Imgp9560

 前面に目玉がついているユニークなラッピングの路面電車は、人権擁護を訴える函館地方法務局による宣伝。
 電車の形や顔ぶれは、母の故郷である愛媛・松山のそれに近いように感じた。





Imgp9556

 こちらはNHK函館放送局のラッピング。目立つどーも君の横には、イカを被ったななみちゃんが。








Imgp9724

 世界のあちこちの街で見られるコカコーラのラッピング、ここ函館にも。








Imgp9565

 この函館市電には、「箱館ハイカラ號」という、明治生まれで大正から戦前にかけて函館を走った電車を復元した電車が走っている。運転手が昔のいでたちの制服を着て運転していて、車内では女性の車掌が切符を売ったり案内をしたりしていた。プリペイドカードが使えないとかで、地元の人でこの電車に当たった人には不便か。




Imgp9725

 滞在中の6月29日は函館の路面電車100周年ということで、運賃が100円均一に。そして前述の箱館ハイカラ號も、花電車に衣替え。
 五稜郭公園前駅近くの道路にて。






Imgp9726

Imgp9727

 この花電車を先頭に、珍しい路面電車が続けてやって来た。タイミングを合わせての運行なのだろうか。
 花電車になった箱館ハイカラ號の後ろには、雪をかき分ける「ササラ電車」が。



Imgp9729

Imgp9730

 ササラ電車のあとには、戦後すぐから走り続けている車輛やラッピングのないオリジナルな塗り分けの路面電車も通った。



Imgp9728

 古い車輛ばかりでなく、2連式の新しい電車も。
 100周年もしらず花電車のことも知らず訪れた函館だったが、思わぬところで函館の路面電車のメモリアルデーを堪能した。

|

« 江差・函館旅行(9)五稜郭と箱館奉行所 | Main | 江差・函館旅行(11)青函連絡船と津軽海峡フェリー »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/57766195

Listed below are links to weblogs that reference 江差・函館旅行(10)函館の路面電車:

« 江差・函館旅行(9)五稜郭と箱館奉行所 | Main | 江差・函館旅行(11)青函連絡船と津軽海峡フェリー »