« 2013年8月・クロアチア&スロベニア旅行(18)爱玛牌电动车在萨格勒布 | Main | 2013年8月・クロアチア&スロベニア旅行(20)クロアチアとスロベニアの鉄道 »

2013年10月6日星期日

2013年8月・クロアチア&スロベニア旅行(19)クロアチアのプリペイドSIM

 クロアチアでのインターネット環境確保のために、プリペイドSIMを買って使ったのでそのことをぼちぼちと。

Dsc_0421

 ドブロヴニクの旧市街の売店に「T-Mobile」のプリペイドSIMの宣伝が吊られていたのでそれを購入。値段は50HRK。
 このSIMカードは「All Inclusive Holiday Package」というタイプのもの。インターネットでクロアチアのSIMカードについて検索するとこれとは異なる「Internet Start Package」なるものに関する記事をたくさん見ることができる。こちらは無料で使えるパケット数が多いなどのメリットがあるようだが、このSIMカードを探したりそのためにT-Mobileの店を探したりするのも時間がかかるだろうし、それよりも観光に時間を使いたいこともあり、売店で手軽に買うことができたこのパッケージを購入。
 特段パスポートを見せることなく、買うことができた。
 パッケージにはSIMカードが2枚入っている。2枚もは要らないのだが、2人でそれぞれに使うこともできるということで、2人で旅に来た人たち向けなのだろうか。通常のSIMとMicro SIMに対応している。
 説明書を見るとどこかに電話するとアクティベートするとかで、ドブロヴニクで泊まったプライベートルームの持ち主に電話したのだが、使用言語を選ばせるメッセージが流れたのでそれに対応した後で電話が繋がらない旨のメッセージが。説明書には「FLAT SMS and 30 min. for calls to all European countries」「FLAT calls within the Hrvatski Telecom mobile network」とあるのだが、意味を取り違えているのだろうか。
 さらに説明書を見ると、「top-up your account by a voucher in the value of at least 50 HRK and send an SMS with the text All to the number 9898」とあるので、あるいはこちらを先にする必要があったのだろうか。これは7日経過後に続けて使いたい場合に必要な動作に見えるのだが…

Dsc_0425

 残高のチャージは、やはり売店でバウチャーを購入して行う。バウチャーには14桁の番号が記されており、携帯電話かスマートフォンで「*123*」の後に14桁の番号をプッシュし、最後に「#」を押して通話ボタンを押すとチャージすることができる。
 バウチャーは50HRKと100HRKの2つがあるようだ。



 このSIMカードは、日本でもSIMフリーなSony Ericsson MINIに入れて利用。インターネットへの接続であるが、APNを「web.htgprs」と入力すると接続が可能になる。ユーザー名やパスワードはブランクのままで可。
(APNは説明書には記載がなく、やはりインターネットで検索して知った次第。例えばリンク先

 そのままだと従量制で残高が減っていくが、この「All Inclusive Holiday Package」には10HRKの定額で24時間インターネット接続が可能になるサービスがある。これを書いている時点で10HRKは170円強なので、値段的にもかなりお得に感じる。
 まず、「Internet Dan」と書いたSMSを3636に送信する。

1380982106170

1380982121149

 すると、「『DA』と書いたSMSを3636に送れ』というメッセージが来るのでその通りにすると、24時間接続の有効期限を記したメッセージが来て、24時間定額接続が有効になる。テザリングも問題なくできる。
 この過程で、24時間定額を申し込むべく「Internet Dan」とSMSで送ったところ、上述の「『All』と書いたメッセージを9898に送りなさい」という通知が来たので、やはりこのSIMのサービスをフルに使うには予めこの手続きが必要なのだろう。



1380982136436

1380982087562

 時間切れ間近にあるとその旨を知らせるメッセージが来て、時間切れになるとやはりその旨を知らせるメッセージが来る。時間切れになると再び従量制になるので、常に電波を掴もうとするスマートフォンを使う場合には旅行中更新し続けるか、無駄に接続しないためには電源を切るかインターネットに接続しないように設定するのが良いだろう。

 残高がなくなると、クロアチア語のメッセージがひっきりなしに送られてくる。チャージしなさいとのことだろうか、クロアチア語を解さないのでわからない。
 最初の電話で使用言語を英語としたために英語でのメッセージがもらえたのかもしれず、いきなりインターネット接続をすると全てのメッセージがクロアチア語になってしまうのかもしれない。

1376889950245

 クロアチアで接続時の画面。「HR」はクロアチアをクロアチア語で記したHrvatskiに由来。


















1376818831696

1376902455379

 モンテネグロ(左)やボスニア・ヘルツェゴビナでも電波を掴むようだ。但し隣国では定額接続にはならないようで、残高が減っているようなので携帯電話にSIMを移し替えて無駄にインターネットに接続しないようにした。












1377165595419

 スロベニアでもやはり電波を掴む。
 帰路はオーストリア経由だったのだがやはり電波を掴んだ。ただ、更に乗り継いだフィンランドや、日本では電波を掴まない。

 今回の滞在では、プライベートルームを含めて宿泊先ではWIFIが使えることが多く、そうしたところに居る限りはプリペイドSIMは必要ないかもしれない。ただ、ザグレブで泊まったホテルではWIFIが使えず、そこでは大いに役に立った。
 むしろ役に立ったのは電話のほうで、予想外に遅れて深夜に到着するときに予めホテルに電話を掛けることが2度あり、高い国際ローミングを使わずに済んだことが大きい。一度日本に国際電話を掛けたことがあったがそれも普通に通じ、2分程度で残高切れにならなかったので料金のほどはわからないがやはりこちらも国際ローミングを使わずに電話をすることができた。
 使い方がよくわからないままにこのSIMカードを使ったが、売店で手軽に買えるプリペイドSIMで廉価な定額インターネット接続などをつかえたのは大きかった。

 纏めると以下の通り。
1)売店でT-Mobileの「All Inclusive Holiday Package」を購入
2)どこかに電話するとアクティベート
3)「All」と書いたSMSを9898に送ると、このパッケージに含まれるサービスが利用可能になる
4)インターネット接続の際のAPNは「web.htgprs」。ユーザー名やパスワードは不要。
5)24時間10HRK定額のインターネット接続サービスを使うには、「Internet Dan」と書いたSMSを3636に送信、メッセージが返ってきたところで「DA」と書いたSMSを3636に送信
6)チャージはやはり売店でバウチャーを購入。「*123*」の後にバウチャーに書かれている14桁の数字を入力し、最後に「#」を押下して通話ボタンを押す。

Hrvatski telecomによるAll Inclusive Holiday Packageの紹介

|

« 2013年8月・クロアチア&スロベニア旅行(18)爱玛牌电动车在萨格勒布 | Main | 2013年8月・クロアチア&スロベニア旅行(20)クロアチアとスロベニアの鉄道 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/58328572

Listed below are links to weblogs that reference 2013年8月・クロアチア&スロベニア旅行(19)クロアチアのプリペイドSIM:

« 2013年8月・クロアチア&スロベニア旅行(18)爱玛牌电动车在萨格勒布 | Main | 2013年8月・クロアチア&スロベニア旅行(20)クロアチアとスロベニアの鉄道 »