« 万博記念公園 | Main | 東北海洋生態系調査研究船・新青丸 »

2013年10月18日星期五

大阪・赤川鉄橋

 みんぱくを見に行った翌日、折角大阪に行ったのだからということで、歩道と鉄道が並ぶ橋として珍しい、NHKの朝の連続テレビ小説のロケ地にもなった、そしてこの10月でその風景も終わりになる赤川鉄橋へ行った。
 赤川鉄橋、鉄道橋としては「淀川橋梁」と言うらしい。

Imgp1891

 阪急電鉄淡路駅から歩くことしばし、淀川にかかる赤川鉄橋を見る。








Imgp1893

 橋に近づくと、確かに川沿いの土手に通る道路に踏切がかかっている。








Imgp1895

 北側を望むと、単線の線路が伸びる。
 ここを通るのは貨物線、線路の先には吹田の貨物ターミナルがあるのだとか。







Imgp1896

 そして南側、淀川にかかる橋を見る。確かに線路の横に歩道が通っている。もともと複線仕様だったこの赤川鉄橋だが、単線しか通らなかったことから片側は歩道になり淀川の両岸を結んできたのだとか。






Imgp1904

 閉鎖間際ということで鉄道ファンがいくばくかいるのも確かだが、列車が通ると思われる時間以外にはさほど多くなく、それ以外にも普通にこの橋は人通りが多い。自転車で橋を渡る人、この橋をジョギングのルートにして走り抜けていく人が多いように感じた。午前ということもありのんびり散歩する人も。
 普段から地元の人に使われているのがわかる。




Imgp1909

 柵を隔てて橋の上で線路を見る、というのも10月限り。








Imgp1944

 このあたりでは大学のボート部が練習をしているようだ。通りがかった人たちの話を横で聞くところによると、大阪市立大と神戸大のボート部がここで練習しているのだとか。







Imgp1956

 全長約600mということで、橋を渡り切るのには結構時間がかかる。
 南側から橋の全景を見る。






Imgp1954

 橋の歩道に掲げられているプレートには「赤川仮橋」の文字が。仮の橋ということか、仮の歩道としての橋ということか。
 この赤川鉄橋が閉鎖された後は、東側にある橋が歩道としてはいちばん近い橋になるが、そこまでは1キロ弱の距離があるのだとかで、この橋を普段の生活に使っていた人には不便に感じるだろうし、人の流れも変わりそうだ。



Imgp1981

Imgp1988

 12時20分頃、貨物列車がこの橋を渡っていく。真横でそれを見るのも今月限りだ。もっとも、私はこの橋を訪れるのは初めてであり、この眺めがとても新鮮に感じた。
 閉鎖間際で話題になっている鉄道橋ということでそれなりに橋の上に私も含め人々が並んでいたが、静かに列車の通行を見送る感じだった。

Imgp1990

 閉鎖後は複線化のための工事をして、旅客列車(電車)も通る鉄橋として改めてのお披露目になるが、それはまだ先とのこと。
 長い間淀川の両岸を結ぶ歩道として使われ、またNHK朝の連続テレビ小説でも存在を知られたこともあり、地元の旭区主催でお別れイベントもあるのだとか

|

« 万博記念公園 | Main | 東北海洋生態系調査研究船・新青丸 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/58411175

Listed below are links to weblogs that reference 大阪・赤川鉄橋:

« 万博記念公園 | Main | 東北海洋生態系調査研究船・新青丸 »