« 2014年・中国の祝日 | Main | 2013年12月・台湾(1)鹿港 »

2013年12月17日星期二

国立競技場と秩父宮記念スポーツ博物館

Imgp3217_2

 10日以上前の話だが、国立競技場にJ1昇格プレーオフを観に行ってきた。国立競技場が近々改修のため全面閉鎖され、全く新しいスタジアムに生まれ変わるというのもあり、国立競技場を今一度見ておきたかったというのもある。






Imgp3177

 試合開始前の様子。国立競技場の芝生は美しいのだが、冬なので早くに影が伸び始め、その美しさを十分に味わうことができなかったのが残念。前述した、かつての南極観測船「しらせ」を新習志野で見てから来たということもあるが、もう少し早く来ていれば違ったのだろう。
 J2で3位の京都と4位の徳島の試合、勿論勝ったほうが昇格、引き分けの場合は年間順位が上位の京都が昇格するということもあり、勝つしかない徳島と昨年もプレーオフで昇格を逃している京都とのぶつかり合い。勝つしかない徳島がコーナーキックからの得点とカウンターの2点という少ないチャンスをものにしてこの試合勝利、京都はずっと攻めていたのだが今年も昇格ならず。

Imgp3148

 その国立競技場の観客席の下には、秩父宮記念スポーツ博物館がある。展示物はあまり多くないのだが、日本のスポーツ史をやさしく知ることができる。
 国立競技場でイベントのない日には、博物館の入場者はスタンドからグラウンドを見ることができるそうだ。バルセロナにあるリーガ・エスパニョーラ所属のFCバルセロナのホームスタジアムであるカンプ・ノウや、バルセロナ五輪のメイン会場でありやはりッカーチームのRCDエスパニョールのホームスタジアムだったエスタディ・デ・モンジュイックのスタジアムツアーをかつて訪れたことがあるが、ここ国立競技場でもアスリートの出番を待つ静かなスタジアムを、公開日限定だが見ることができる。
 隣にはトレーニングジムがあり、会員になると誰でも利用することができる。ここに通っている知人がいるので知ってはいたのだが、ここにジムがあるのは意外に感じる。

Imgp3151

 入ってすぐのスペースには、国立競技場で開かれたスポーツイベントのポスターが並ぶ。1964年の東京五輪のポスターは私にとっても歴史の中のものだが、教科書や本で見て馴染みのあるものである。若い人にとっては、歴史で学んだものを間近に見ることになるだろう。





Imgp3152

 国立競技場の改修間近ということで、「SAYONARA国立競技場」という企画展が。この聖火点灯シーンも当時のシーンとしてよく見る。







Imgp3154

 間もなく50年が経つ、1964年の五輪開会式の入場の様子。これもおなじみ。








Imgp3157

 1958年にできたこの国立競技場、1964年の東京オリンピックの後も様々なスポーツイベントに使われた。サッカーだと、ペレやマラドーナもここでプレーしている。
 国立競技場で最も人を集めたのは東京五輪の開会式、第2位はその閉会式だそうだが、第3位はラグビーの早明戦だとかでそれに限らずラグビーの歴史もこの国立競技場で築かれていて、それらに関する展示も。



Imgp3161

 こちらは国立競技場というよりもこのエリアで開かれたスポーツイベントにまつわるもの、「バボちゃん」を久々に見た。今の「バボちゃん」は白いボールそのままの色の要ですね。






Imgp3165

 国立競技場はこの姿から形を変え、収容人数を増やして大規模イベントも可能になる屋根付きスタジアムに変わるのだとか。その費用が突然増えたことや景観に与える影響で物議を醸しているが、一時の盛り上がりのみで終わることなくスポーツやコンサートなどのイベントで親しまれる存在であってほしいものだ。

|

« 2014年・中国の祝日 | Main | 2013年12月・台湾(1)鹿港 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/58775077

Listed below are links to weblogs that reference 国立競技場と秩父宮記念スポーツ博物館:

« 2014年・中国の祝日 | Main | 2013年12月・台湾(1)鹿港 »