« 国立競技場ツアー(1) | Main | 2014年・成都(1)9年振りのパンダ »

2014年2月23日星期日

国立競技場ツアー(2)

Imgp4207

 前回の続き。スタンドを観た後は、ピッチレベルに降りてグラウンドを見る。ここまで降りてこられるのも、スタジアムツアーならではである。
 大雪の後だったこともあり、まだ雪が残っていた。この大雪の影響でヴァンフォーレ甲府のJリーグ開幕戦が甲府では開催できなくなり、急遽ここ国立競技場で代替開催されるそうだ。



Imgp4215

 ピッチへ上がるすぐ前のスペース、メディアミックスゾーン。試合前の選手がまさにグラウンドに上がる直前までここで待っていたり、試合後の選手がここでインタビューに応じたりする。






Imgp4227

Imgp4228

 さらにその後ろにはロッカールーム。アスリートたちが競技前、試合前にリラックスしたり集中を高めたりする場所だ。ここに入ることができるのも、ツアーならではだ。



Imgp4230

Imgp4239

 外へ出ると、「出陣学徒走行の地」の碑が。第2次世界大戦での戦況悪化の時勢に、徴兵猶予がなくなり戦地に赴くことになった学生の出陣壮行会が、かつてここにあった明治神宮外苑競技場で1943年(昭和18年)10月に開かれた。時は流れそれから50年後に、そのことを後世に伝えんとする碑が有志によって建てられた。
 碑にある「学業半ばにして陸に海に空に、征って還らなかった友の胸中を思い」の言葉に、学業なり事業なりを望むように続けることができる今の時代をありがたく思う。
 スポーツイベントで国立競技場に来るときには、正面目指してスロープを登るとき左側にこの碑が見える。碑の横には「同期の桜」が、少し離れて「萬朶の桜」が植樹されている。前者は海軍ゆかりのソメイヨシノ、後者は陸軍ゆかりの八重桜だそうだ。

Imgp4241

 スタンドの下の通路はランニングスペースになっていて、トレーニングセンターを訪れる人に開放されている。逆走を禁じる注意書き。







Imgp4242

 国立競技場の案内図。









Imgp4248

 バックスタンド中央にある聖火台。









Imgp4257

 聖火台の手入れにはごま油が良いのだそうだ。ここ数年、室伏広治選手も手入れに参加しているのだとか。








Imgp4247

 ツアー参加者以外にも、スタンドには訪れる人の姿が。公開日に秩父宮記念スポーツ博物館を訪れると、26番ゲートからスタンドに入って競技場を見ることができる。







Imgp4258

 メインスタンドの後には、代々木の高層ビル群が見える。
 東京五輪はじめ数々のスポーツイベントの舞台となった今の国立競技場、その五輪の入場行進や聖火点灯など歴史上の出来事として写真で見るものが行われた舞台を、そのまま見ることは出来なくなってしまうのは寂しいものがあるが、時の流れだろうか。




Imgp4279

 ツアー終了後に、やはりスタンドの下にある室内水泳場へ。子どもの頃水泳の記録会で行ったことがあり、30年ぶりに入口の前へ。

|

« 国立競技場ツアー(1) | Main | 2014年・成都(1)9年振りのパンダ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/59184071

Listed below are links to weblogs that reference 国立競技場ツアー(2):

« 国立競技場ツアー(1) | Main | 2014年・成都(1)9年振りのパンダ »