« 2014年春・伊豆大島(6)行きは竹芝から・帰りは調布へ | Main | 春の東京湾岸 »

2014年3月30日星期日

ジャンボジェット

 子どもの頃、夏休みはほぼ毎年母の実家がある愛媛に遊びに行っていた。当時は日本航空が国際線と国内幹線、全日空が国内幹線と地方路線というように棲み分けが決まっている時代であり、松山に行く時に乗っていたのはいつも全日空の中型機、ボーイング727だった。大きなボーイング747、いわゆるジャンボジェットのことを図鑑や空港で見る度に、あれに乗ってみたいと思ったものだった。
 それが叶ったのは小学校5年生の時、父の故郷である福岡へ行く時だった(それまでも福岡に行くことはあったが、松山から船とか飛行機とかで行っていた。その時乗る飛行機は小型のYS-11)。初めて乗ったジャンボジェットは国際線仕様で、機内誌が日英2か国語だったこともあり何かやはり特別に感じた。2階部分に乗ってみたいと子ども心に思ったものだ。
 その後大人になると飛行機に乗る回数も増え、ジャンボジェットに乗ることも珍しくなくなり、そして松山空港にもジャンボジェットが飛んでくるようになった。
 さらにその後、日本航空からはジャンボジェットは3年前に退役し、そしてこの度明日3月31日を以って全日空のジャンボジェットも退役するのだそうだ。

Imgp5181

 世界の空から完全に引退するというわけではないのだが、そういわれると見に行きたくなる。写真は3月に羽田空港にて。







Imgp3954

Img_0082

 もっとも日本の航空会社では退役するということだが、海外の航空会社のジャンボジェットはまだ飛び続けている。左写真は去年(2013年)12月に台湾へ行った際に、帰りのフライトで乗ったチャイナエアラインのボーイング747。右写真は今年2月に成田空港で見た貨物機。

Img_4514

 日本航空のジャンボジェット。2008年3月に台湾・桃園空港にて。日本アジア航空が消滅する直前で同社の名前でのフライトだったのだが、機体は日本航空のものだった。

 長きに渡り活躍したジャンボジェット、最初は憧れであり、その後普通に乗るようになったが翻ってよくお世話になった、印象深い飛行機である。

|

« 2014年春・伊豆大島(6)行きは竹芝から・帰りは調布へ | Main | 春の東京湾岸 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/59384032

Listed below are links to weblogs that reference ジャンボジェット:

« 2014年春・伊豆大島(6)行きは竹芝から・帰りは調布へ | Main | 春の東京湾岸 »