« ジャンボジェット | Main | 会津鉄道で観る桜(1)まずは会津田島まで »

2014年4月1日星期二

春の東京湾岸

Imgp5625

 前日が強風の1日だったからという訳ではないが、春の午後に休暇を取って東京湾岸をぶらぶらと。まずはゆりかもめをお台場海浜公園で降り、有明ジャンクションの下あたりから。運河の水と空の青さが視界を覆う。
 このあたりは官庁船が停まっているようで、手前には気象観測船の啓風丸・凌風丸の姿が見える。その奥には海上保安庁の船も。



Imgp5634

 今はリニューアル閉館中の船の科学館の前も、官庁船の停泊スペースになっていた。手前に水産庁の漁業取締船が2隻(東光丸・白竜丸)、奥には航海訓練所の練習帆船・海王丸が。






Imgp5711

 海王丸。









Imgp5705

 その後ろを、小笠原諸島から帰ってくるところだろうか、おがさわら丸が通り過ぎて行った。








Imgp5682

 隣の潮風公園。桜はまだこれからというところであろうか。空に向かって伸びる枝が細くも力強い。







Imgp5723

Imgp5742

 逆方向に向かって歩くと、大江戸温泉の裏はコンテナターミナル。停まっているコンテナ船のすぐそばまで近づくことができる。





Imgp5750

Imgp5753

 大江戸温泉はともかくとして高層ビルなどで人工的な感が強いこの辺りであるが、桜の花や路上のタンポポなどが春を感じさせてくれる。



Imgp5771

 再びゆりかもめに乗って豊洲を目指す。
 車窓にはいろいろな船が見える。写真は有明埠頭に停まっていた、やはり航海訓練所の練習船・青雲丸。







Imgp5777

 高層ビルが並ぶ上に広い土地が工事中で味気ない眺めのところが多いが、中州の人工島の緑がアクセントになっている。







Imgp5783

 ゆりかもめは小さな車体に座席を詰め込んでおり混雑時にはちょっと乗りにくいイメージがあったが、新しい車輛は余裕を持った座席配置になっている。







Imgp5795

Imgp5816

 豊洲からバスに乗って晴海埠頭へ。ここにも航海訓練所の練習船・日本丸と銀河丸が停泊中であった。
 これで造船所にいる新・大成丸と退役した旧・大成丸以外の航海訓練所の練習船を1日で見たことになる。新年度に船員を志す実習生を迎えて各地へ練習航海に出るべく、東京のあちこちに停まって実習生を待っているのだろう。

Imgp5845

 春の嵐が過ぎた後の好天の一日、青空の下で散策した午後のひとときであった。

|

« ジャンボジェット | Main | 会津鉄道で観る桜(1)まずは会津田島まで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/59390424

Listed below are links to weblogs that reference 春の東京湾岸:

« ジャンボジェット | Main | 会津鉄道で観る桜(1)まずは会津田島まで »