« 会津若松・石部桜と鶴ヶ城 | Main | 2014年5月・台湾(1)碓渓温泉 »

2014年5月14日星期三

2014年5月・気仙沼

 先週末のことだが、また気仙沼に行ってお手伝いをしてきた。前日に気仙沼に着いて午後しばし歩いたので、その時の様子をアップ。

P5100074

 初夏とは言いながら東京より風がひんやりとする気仙沼だが、新緑と青空が美しい午後である。
 そんな青空の下を、ポケモントレインが気仙沼駅を出発していく。







P5100076

 ポケモントレイン。
 横の舗装された道路は、かつて気仙沼線の線路が通っていたところ。BRT(代行バス)の専用道として道路になっていた。
 前に来たときは柳津に向かう気仙沼線代行のBRTは駅前広場から出発して隣駅へ向かう途中で専用道に入っていたのだが、今は駅の構内から、改札を通った内側から出発する。



P5100079

 BRTのバス。
 本吉までは、このような電気のみで走る電気バスも走っている。








P5100093

 標高が割合高いところにある気仙沼駅から、市役所の前を通って気仙沼港を目指す。
 この季節には来たことがないので、ここでも青い空と新緑、そして景観を重んじた建物に風情を感じる。







P5100109

 港に程近い紫町商店街にて。手作りの、メッセージも入ったものもある鯉のぼりが空を舞う。









P5100182

 魚市場近くの気仙沼シャークミュージアム、海面近くにあるだけに震災の影響が甚大で長いこと休館していたが、先月再オープンしたとのことで行ってみた。
 サメの生態の紹介とともに、震災やそこからの復興を目指している人たちを紹介するビデオの上映や街の人達の語りも。




P5100207

 気仙沼港にある、気仙沼の名前が歌詞に出てくる森進一が歌う『港町ブルース』の歌碑。地震と津波の影響で傾いたままである。
 上に見える、かまぼこ型の屋根の気仙沼女子高校はこの3月に最後の卒業生を送り出して閉校になったのだとか。校舎の下に八重桜が咲いているのが見えたが、あまり人の目に触れることはないのだろうか。




P5100200

 気仙沼港に停まる漁船。時折このように竹か何かを高く掲げた船を見るのだが、何か意味があるのだろうか。









P5100212

 夕陽が、港の水面に映る。










P5100251

 夜は再び南町紫市場へ。中華料理店で見たテレビのニュースは宮城県内で慰霊碑の除幕があったとか宅地の造成が進んだなどの話題とともに、明くる朝の仙台マラソンで川内優輝と藤原新がマッチアップするという話題も。



P5110258

 気仙沼駅を出発するBRT。上述の通り駅の中からの出発であり、奥に列車のホームや跨線橋が見える。
 震災から3年以上経った今でも遺品捜索などのある種後ろ向きともいえる活動のニーズもあるが、やはり徹底的に探し尽くさないと住民の方々も一段落はつかないだろうし、またその先にあってこそ前向きな、将来を見据る活動が可能になるのだともいえる。

|

« 会津若松・石部桜と鶴ヶ城 | Main | 2014年5月・台湾(1)碓渓温泉 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/59644409

Listed below are links to weblogs that reference 2014年5月・気仙沼:

« 会津若松・石部桜と鶴ヶ城 | Main | 2014年5月・台湾(1)碓渓温泉 »