« 2014年5月・台湾(1)碓渓温泉 | Main | 2014年5月・台湾(3)台湾大学と台湾師範大学 »

2014年5月31日星期六

2014年5月・台湾(2)彰化扇型庫

 今回台湾を訪れて足を運びたかったのは、彰化にある扇型車庫。1922年に建てられた機関車の車庫をを手を加えてターンテーブルとともに現役で使っているのだが、工事の後今年の1月1日から公開というこどで、去年の年末に台湾を訪れたときは1日違いで見ることができなかった。公開再開となった彰化扇型庫を、改めて見に行ってきた。
 現役の車庫だが一般人も見ることができ、入口で記名をして入場。

P5270591

 訪れたときはあいにく雨で、しかも結構激しい降りだった。かつての蒸気機関車はターンテーブルで向きを変える必要があり、そのためにその周りに扇形に車庫を作って車輛を停めておく扇型車庫ができた。今は主にディーゼル機関車が停まっている。






P5270589

 その扇型車庫の一番端、さらに車庫の外には蒸気機関車が停まっている。









P5270654

P5270655

 日本統治期に導入されたこれらの蒸気機関車、左写真右側のCK124は日本のC12形と、右写真のDT668は日本のD51、いわゆるデゴイチと略同型なのだそうだ。小さいCK124は保存運転の報を聞いたことがあるが、DT668は使われているのだろうか。

P5270605

 扇型車庫は、彰化駅のすぐ北側にある。線路沿いに停まっている機関車と車庫の機関車が交わるように停まっているのがおもしろい。
 機関車に近づくことができるのも、めったにあることではない。






P5270614

 高いところから見た扇型車庫。










P5270615

 現役の車庫なので、当然本線と繋がっている。
 車庫の脇を、区間車(普通電車)が通り過ぎていく。









P5270628

 ディーゼル機関車に混じって、電気機関車の姿も。車庫には架線は張ってなく(張っていたら気軽に立ち入ることはできない)、どうやってここから出ていくのだろうか。







 構内を歩いていたら、突然ターンテーブルが動きだし、ディーゼル機関車をターンテーブルに乗せて向きを変えるところを見ることができた。もっとも機関車は車庫の中にとどまったままであり、サービス的にやっているのだろうか。それでも、ターンテーブルが動くさまを見せてもらいありがたい限りである。

P5270651

P5270646

 帰る間際にようやく雨は小降りになってきた。
 日本統治期の車庫や機関車だから、ということではないが、昔からあるものに手を加えて時代に合わせて使っていることに敬意を表したい。願わくば、好天の日にまた行きたいものだ。

|

« 2014年5月・台湾(1)碓渓温泉 | Main | 2014年5月・台湾(3)台湾大学と台湾師範大学 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/59738586

Listed below are links to weblogs that reference 2014年5月・台湾(2)彰化扇型庫:

« 2014年5月・台湾(1)碓渓温泉 | Main | 2014年5月・台湾(3)台湾大学と台湾師範大学 »