« 2014年6月・北宗谷(4)礼文島・北のカナリアパーク | Main | 2014年6月・北宗谷(6)稚内公園・九人の乙女の碑など »

2014年7月6日星期日

2014年6月・北宗谷(5)利尻島・利尻富士温泉とペシ岬

P6281206

P6281220

 前回の続き。礼文島を後にして、利尻島へと向かう。
 稚内→礼文→利尻というのは定番の周り方なのだろうか、この約40分の航路も2等の桟敷は人でいっぱいである。
 途中、礼文島へと向かうフェリーとすれ違う。



P6281235

 利尻島では定期観光バスは満席で乗れなかったが、そのかわりに港から路線バスで5分程度で着く利尻富士温泉へ。ここは稚内温泉のような体にまとわりつく感じではなく、サラリとした泉質であるように感じた。







P6281259

 利尻富士温泉から鴛泊港までは歩いても20分くらいの距離であり、バスの本数が少ないこともあり歩いて戻る。港のすぐ手前にある、海に突き出しているペシ岬という岬の上からの眺めがよさそうと聞いていたので、ここに登ることにした。







P6281264

 急な坂道を10分ほど登る。










P6281270

 ペシ岬の頂上に到着。見晴らしがよく心地よい。










P6281271

 岬の頂上から見る港の先には、利尻富士が見える。










P6281281

 振り返ったその先には、今訪れたばかりの礼文島がうっすらと見える。









P6281287

 急な坂だけでなく岬を巻いて通っているやや緩やかな道があり、下りはそちらから。斜面の中腹にある灯台。









P6281293

 下る途中で見る利尻富士も、また良い。










P6281296

P6281295

 今登ってきた、そしてこれから下っていく先を見る。
 中程には広場があり、1800年代初頭に北方警備に当たった会津藩士の墓がある。厳しい環境で病に倒れ、遠く故郷を思いながらのことだっただろう。
 会津藩と言えば昨年の大河ドラマ『八重の桜』が馴染みに残るが、さらに北の地でもその名を目にするのは意外だった。

P6281299

 岬の岩肌には、ウミウが停まっている。










P6281304

 岬の入口には、利尻の四季を撮った美しい写真を見ることができるギャラリーとカフェがある。
 そのギャラリーの前で見た猫。強い眼差しが印象に残る。この猫との出会いも一期一会だ。







P6281312

 岬を下りて、フェリーターミナルへ着いたところ。これから稚内に帰るために乗るフェリーがちょうど着いたところだった。
 ツアーで来る方々は利尻で一泊が多いのか、稚内→礼文・礼文→利尻が満席だったのに比べると利尻島から稚内に戻るフェリーの乗客は少なく、桟敷席で横になれるくらいの余裕があった。

 利尻島も礼文島も、また行ってみたいところであり、今回は駆け足だったが再訪の機会があればもっと時間をとってゆっくりと歩きたいところだ。違う季節の島の眺めというのも、観てみたいものである。

|

« 2014年6月・北宗谷(4)礼文島・北のカナリアパーク | Main | 2014年6月・北宗谷(6)稚内公園・九人の乙女の碑など »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/59938859

Listed below are links to weblogs that reference 2014年6月・北宗谷(5)利尻島・利尻富士温泉とペシ岬:

« 2014年6月・北宗谷(4)礼文島・北のカナリアパーク | Main | 2014年6月・北宗谷(6)稚内公園・九人の乙女の碑など »