« 映画『GF*BF』(原題『女朋友。男朋友』) | Main | 特別展「台北 國立故宮博物院」 »

2014年7月20日星期日

Sony Ericsson Mini S51SEのroot化

Img_20140617_211336

 IDEOS→Sony Ericcson Mini S51SEとSIMフリーのAndroid端末を使い続け、去年10月にGoogle Playの直売でNEXUS5が出てからはそれを買って使っていた。ところが、買って半年あまり経ったところでNEXUS5の画面に青色の斑点が2か所現れるようになり、サポートセンターとのやり取りの末交換手続きを取ることになった。
 NEXUS5の交換手続きの間、S51SEを再登板させることにした。S51SEはカードサイズの小ささがユニークで気に入って使っていたのだが、ROM1GB/RAM512MBということでメモリーが小さく、アプリの中にはサイズがだんだん大きくなってきたものもあって容量不足の警告がしばしば出るようになり、新しいアプリを入れられなかったり更新できなかったりするようになっていた。
 Link2SDなるアプリを使えば本来SDカードに移せないアプリをSDカードに移すことができ容量に余裕が出るのだが、このアプリを使うにはroot化、つまり普通はできないシステム領域を操作する権限が必要だ。root化は最悪端末が動かなくなる(所謂文鎮化)などリスクもあり、やるなら自己責任でと言われる作業であり今まではやってこなかったのだが、2年以上前の端末を再度活用するために今更ながらroot化をすることにした。
 日本では携帯電話やスマホは2年契約で購入することが多いから2年で新しいのに買い替える人が多いのかもしれず、それ以上長く使うということはあまり期待されていないのかもしれない。更にスマートフォンは日進月歩で古い製品が陳腐化するのが早いのかもしれないが、長く使いたい人はリスクを負わずに長く使えるようであれば本当は良いのだが…

 root化は自己責任で、というのが原則であり躊躇すべきこともあろうが、私のS51SEは中古で買ったものなので保障云々は関係なく、不便を感じたのを機にそのままroot化へと進む。
 S51SEでファームのバージョンアップをしていたらroot化はできずバージョンを落とす必要があるとかで、Wotanserverなるところから古いバージョンをインストールする方法が紹介されているが、今はWotanserverではroot可能な日本版のバージョンを扱っていない(問い合わせたが今はないとのことであった)、海外版のXperia Mini ST15iのroot可能なバージョンのファームウェアを焼いてからroot化することにした。
 root化の手順は先人の方々がいろいろ残されているので参考にしつつ、

○root化のために必要なものの準備
・flashtool(ファームウェアを焼くためのツール)- ここから入手、展開しておく
・ST15iのファームウェア(4.0.2.a.0.42)-上記flashtoolを展開した際にできるflashtool→firmwaresフォルダに保存
・root化バッチ-ここから入手、展開しておく
・Sony Update Service(ソニー公式のアップデートサービス、万一の際の復旧用)-ここから入手

○ST15iのファームを焼く

 ファームを焼くと初期化され、以前インストールしていたアプリや日本用独自のアプリは残らず、また設定も初期化される。

1 ・S51SEをPCと接続しないまま、flashtoolフォルダの直下にあるflashtoolもしくはflashtool64を使用しているOSのbit数に応じて選んで開け、カミナリ印のアイコンを押下し、「mode selector」の画面が開いたら「Flashmode」を選択

2

・ファームウェアを選択し、「OK」を押下。
 「Wipe user data」のチェックを外すとアプリや設定を残したままファームを焼くことができると言われているが、日本用から海外用への変更のせいか以前のアプリや設定内容は残らず、まるごと初期化されてしまった。ボタン1つでテザリングできるウィジェットがあったのでそれが残ればいいかと思うもそうはならなかったが、アプリについてはインストールし直せばよいのであまり気にしなかった。

3

4

・S51SE側は、設定→「アプリケーション」で「提供元不明のアプリ」にチェックを入れて受け入れられるようにし、さらに設定→「アプリケーション」→「開発」で「USBデバッグ」にチェックを入れておく。
 S51SEの電源を切り、一旦電池を外して再度入れるなどして通電しないようにしてから、ボリュームダウンのボタンを押しながらPCと繋ぐと、自動でファームウェアのインストールが走る。
 しばし待った後に「Please unplug and start your phone」のメッセージが出れば終了。S51SEを起動する。
 初回は起動に時間がかかるが、今まで起動時に出ていたイーモバイルのロゴがなくなり、起動すると初期化されていて一部プリインストールアプリがなくなっていたり海外版独自のアプリが入っていたりして、海外版になったのがわかる。

・root化
 上記root化バッチを展開し、「DooMLoRD_v4_ROOT-zergRush-busybox-su」フォルダ内の「runme.exe」を押下すると、プロセスが進む(途中で「何かキーを押してください」のようなメッセージが出るのでそれに従う)。
 終了すると再起動して、superuserが端末にいるのを確かめてroot化が成ったことを確認。

 今回root化したのはLink2SDを使ってアプリを多く入れられるようにするためなのだが、そのために海外用ファームを焼いたことにより、
・日本語の文字が所謂「中華フォント」になる
・FMラジオの周波数が海外仕様になり、日本では使えない(→root化したので変える方法もあるようだが、非常用としてはともかくラジオとしてはradikoがあるからまあいいか、と)
・ワンタッチでテザリングできるウィジェットがなくなった(これも我慢しますか)
ということになった。いずれも日本版でダウングレードできるうちにやっていればそうはならなかったのだが、root化せずに使えるのであればそれで良く、今になってやったことゆえなので仕方がない。
 上記した初期化の後、プリインストールアプリにアップデートをかけただけで容量不足になる有様なので、Link2SDを使って容量確保すべく、やはりroot化はせざるを得ない。

1405835700860

1405836371422

 海外版ファームを焼いたため、モデルが日本版の「S51SE」から海外版の「ST15i」に変わっている。
















1405836302816

1405838397204

 フォントについては気になったので、やはりroot化ゆえできるフォントの置き換えを行った。
 「海」の字が変わっているのがわかる。上海は暑そうですね…

 最近のスマートフォンは大画面と引き換えに重さもそれなりのものばかりで、Sony Ericsson Miniのような小さなものはあまり出てこない。何はともあれ折角手を入れたこともあり、NEXUS5も快適に使ってきたが戻ってきてもこの個性的なSony Ericsson Miniを折々で使うことにしたい。

|

« 映画『GF*BF』(原題『女朋友。男朋友』) | Main | 特別展「台北 國立故宮博物院」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/60015883

Listed below are links to weblogs that reference Sony Ericsson Mini S51SEのroot化:

« 映画『GF*BF』(原題『女朋友。男朋友』) | Main | 特別展「台北 國立故宮博物院」 »