« 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(2)リスボン・リベイラ市場と発見のモニュメント | Main | 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(4)リスボン・夜の路面電車と朝のケーブルカー »

2014年10月12日星期日

2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(3)ロカ岬

Imgp6644

 ユーラシア大陸の最西端、ロカ岬に着いたのは夕方のこと。








Imgp6657

 曇り空だったので大西洋に沈む夕日を眺めるという訳にはいかなかったが、この先はアメリカ大陸までずっと海が続く。遠すぎて、他所の海岸で水平線を見るときとの違いがピンとこない。
 ここロカ岬まではバスで簡単に来ることができるが、この崖の下、そしてその先に広がる海との間には明らかな違いを今でも感じるし、かつてその先に何があるかわからなかった時代はこの海に対する想いもまた違ったことだろう。


Imgp6671

Imgp6664

 ここロカ岬には、16世紀の大航海時代の詩人ルイス・デ・カモンイスの叙事詩『ウズ・ルジアダス』の一節、「Onde a terra acaba e o mar começa」、ここに地終わり海始まる、の言葉が刻まれた碑がある。ユーラシア大陸と大西洋、広大な陸と海の分かれ目ということで、やはり特別な場所だということだ。

Imgp6687

 日が沈み、灯台に灯りが点る。








***
 ロカ岬へは、リスボンからシントラまたはカスカイスへ向かい、シントラとカスカイスを結ぶバスに乗るとその中間が目的地だ。バスを運行するScotturb社のウェブサイトに時刻表が載っており、403番がそのバスである。
 1時間に1本バスが走っているので、ロカ岬を散策するに適したダイヤになっている。朝早く、そして日が暮れてからのバスはロカ岬は通らないので注意。昔ロカ岬を訪れたときにはバスの本数はもっと少なく、さらに最終バスがもっと早い時間でそのバスがロカ岬には来ないので歩いてバス停を目指したものの、どこにバスが停まるのかがわからず乗り逃したらどうしようかと不安になったのを覚えている。

|

« 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(2)リスボン・リベイラ市場と発見のモニュメント | Main | 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(4)リスボン・夜の路面電車と朝のケーブルカー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/60465285

Listed below are links to weblogs that reference 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(3)ロカ岬:

« 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(2)リスボン・リベイラ市場と発見のモニュメント | Main | 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(4)リスボン・夜の路面電車と朝のケーブルカー »