« 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(1)リスボン・路面電車のある風景 | Main | 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(3)ロカ岬 »

2014年10月12日星期日

2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(2)リスボン・リベイラ市場と発見のモニュメント

Imgp6551

 前回の続き。午後はロカ岬へ行こうと思ったので、まずはリスボンの西への列車が出るカイス・ド・ソドレを目指す。
 カテドラルを後にして、再びコメルシオ広場へ、今度は歩いて向かう。






Imgp6557

 コメルシオ広場からカイス・ド・ソドレへ向かう路面電車は、新しいタイプの電車だった。








Imgp6571

Imgp6562

 そのまま路面電車に乗るとジェロニモス修道院などがあるベレン地区に行くことができるのだが、以前行ったリベイラ市場で食事をしようと思い、やはりカイス・ド・ソドレで下車。
 この日は土曜日だったが、市場は開いていて野菜や果物、花が市場に並んでいた。

Img_20140906_133924

Img_20140906_133643

 前に訪れたときには2階に食堂があり、バイキング形式だったので食べたいものを取って食べればよかったのだが、今回訪ねたときにはフードコートになっていて、どの店で何が供されているのか理解しないと食べ物にありつくことができねい。


Img_20140906_132654

 幸い英語のメニューがある店もあり、「arroz de ~」がリゾットであることはわかっていたので、arroz de vitela maronesa、マッシュルームのリゾットを戴く。
 サングリアを一緒に頼んだところ、ポートワインベースか別のもの(詳細は忘れたが)にするか問われたので、ポートワインベースのものに。





Imgp6572

 

 カイス・ド・ソドレからは近郊電車に乗り、ベレンで下車。
 降りてしばらく歩いたところにあるのは発見のモニュメント。大航海時代に大海原に漕ぎ出した歴史を思い起こさせる塔で、エンリケ航海王子を筆頭にまだ見ぬ世界に眼差しを向けている。





Imgp6581

 モニュメントの足元には、世界地図とともに各地がポルトガルによっていつ「発見」されたかが記されている。
 日本のところには「1541」の数字が。これはポルトガル船が豊後に漂着した年であり、これを以ってポルトガルに「発見」されたとしているようだ。その下のティモールやマカオもそうだが、それ以前から存在するのだが…



Imgp6595

 発見のモニュメントの先には、テージョ川の対岸とを結ぶPonte 25 de Abril、4月25日橋が。








Imgp6601

 その奥にあるベレンの塔。テージョ川への出入りを監視する要塞だったそうだ。

 



 




Imgp6606

 線路を渡ったところにはジェロニモス修道院。16世紀に建てられたこの修道院は、まさに大航海時代に持ち帰った香辛料の取引で得た利益をつぎ込んで作られたのだとか。

 

|

« 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(1)リスボン・路面電車のある風景 | Main | 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(3)ロカ岬 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/60465103

Listed below are links to weblogs that reference 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(2)リスボン・リベイラ市場と発見のモニュメント:

« 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(1)リスボン・路面電車のある風景 | Main | 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(3)ロカ岬 »