« 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(5)ポルトガル→スペイン 川を渡って国境越え | Main | 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(6)グラナダ・アルハンブラ宮殿 ヘネラリフェ »

2014年10月19日星期日

香港ミニチュア展@池袋サンシャインシティ

Pa132198

 旅行の話は一回休み。週初めの体育の日の話だが、池袋サンシャインシティで開かれている「香港ミニチュア展」に行ってきた。香港のミニチュア作家たちが、今より少し前の香港をミニチュアで再現したものが並んでいる。サンシャインシティの地下1階、店が並ぶ中にある噴水広場での展示なので、無料で観ることができる。
 まずは『唐楼』。香港に多かった、ネオンが突出している3~4階建ての建物が並ぶ通りをトラムが通り過ぎていく。奥の建物には竹でできた足場がかかっているが、消防車が出てきているので緊急事態ということなのだろうか。

Pa132200

 こちらは『大坑舞火龍』。香港島側の銅鑼湾にある大坑村なるところでは中秋節に火龍の舞いを行って平穏に過ごせるよう祈願したのだとかで、1970年代の様子を再現したものだとか。背後の建物は実際には建て替えられているとかで、ミニチュアで再現されるかつての姿、ということになる。






Pa132171

 建物のジオラマだけではなく、店の様子を精巧に再現したものも。写真は海鮮料理店の再現だが、生け簀やタライに並んだ魚介類が小さいながらも精巧に作られている。後ろにある電源コードとの比較で、その小ささがわかるだろうか。






Img_20141013_160907

 食べ物を細かく表現した作品は多く、こちらは『旧式茶楼』。点心を積んだワゴンが回って来て、頼みたい点心のワゴンが来たときに注文するスタイルである。
 私が初めて香港を訪れたときに飲茶に入ったときはそういうスタイルだったのだが、今は紙に注文を書いて出すスタイルだとかで(私は飲茶のことはわからないが、小さな飲食店は確かにそうかと)、人気の点心を我先にと取り合う必要がなくなったがそのことに寂しさを感じる人もいるのでは、というのが作品に付されたコメントである。
 この他には、熟食街(屋台街)の様子や、子どもの頃の思い出として日式鉄板焼を表現したものも。

Pa132182

Img_20141013_155303

 店舗の再現も、本当に精緻である。こちらは『老金山貨店』、当時の雑貨店を再現したものだ。再現した生活用品の細かさに驚かされる。








Pa132204

Img_20141013_170904

 路上の露天商を表現した『牌【木+當】」。タライに入った金魚まで表現している。

 香港の人たちにとっても懐かしくなりつつある風景であることが、ミニチュアの説明からも見て取れる。そんな思い出の風景を、小さなスペースの中に精巧に再現したこれらのミニチュア、観てよかったと思う。

|

« 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(5)ポルトガル→スペイン 川を渡って国境越え | Main | 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(6)グラナダ・アルハンブラ宮殿 ヘネラリフェ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/60506155

Listed below are links to weblogs that reference 香港ミニチュア展@池袋サンシャインシティ:

« 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(5)ポルトガル→スペイン 川を渡って国境越え | Main | 2014年9月・ポルトガル&スペイン・アンダルシア旅行(6)グラナダ・アルハンブラ宮殿 ヘネラリフェ »